こぼれ落ちたピース

谷藤友彦(中小企業診断士・コンサルタント)のブログ別館。1,000字程度の読書記録などの集まり。

『どう生きますか 逝きますか 死生学のススメ/LCC乱気流/ヘリコプターマネーの功罪(『週刊ダイヤモンド』2016年8月6日号)』


週刊ダイヤモンド 2016年 8/6 号 [雑誌] (どう生きますか 逝きますか 死生学のススメ)週刊ダイヤモンド 2016年 8/6 号 [雑誌] (どう生きますか 逝きますか 死生学のススメ)

ダイヤモンド社 2016-08-01

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 「死=無」という考え方は団塊世代に多い。戦争を経験した彼らの親世代が子どもに同じ教育をしてはいけないと考えたこと、また団塊世代を教えた世代の知識人の多くがマルクス主義に染まり、唯物論的な死生観が形成されていったという経緯があります。
(玄侑宗久「震災で古来の死生観が蘇った」)
 私の神学論なんてまだ支離滅裂で全くまとまっていないのだが、ブログ本館の記事「飯田隆『クリプキ―ことばは意味をもてるか』―「まずは神と人間の完全性を想定し、そこから徐々に離れる」という思考法(1)(2)」で書いたように、神と人間をともに完全で合理的な存在であると認めたところから、全体主義や共産主義が生じた。その発端は17世紀後半~18世紀の啓蒙主義に見出せる。

 もっとも、共産主義は無神論であるから、神と同時に論じるのは適切ではない。ただし、啓蒙主義によって「あちら側のメシアニズム」から「こちら側のメシアニズム」に移動した(ブログ本館の記事「『「坂の上の雲」ふたたび~日露戦争に勝利した魂を継ぐ(『正論』2016年2月号)』―自衛権を認める限り軍拡は止められないというパラドクス、他」)、すなわち、人間が神の性質を獲得したとすれば、神の存在を人間とは別個に考える必要はなくなる。

 神が無から有を生み出すことができるように、人間もまた無から生じて有となる。有の時間は絶対不変であり、「今、ここ」という現在に固定されている。共産主義には過去も未来もない。だから、社会主義の革命は、世界”同時”革命である必要がある。ところで、人間は神と同じでありながら、死ぬ。死ぬことで無に帰す。これは人間の完全性と矛盾するのではないかと思われるかもしれない。

 だが、絶対的な生を、前後から絶対的な無で挟むことで、生の絶対性をより際立たせることができる。つまり、生きている人間は現在のうちに絶対に社会主義革命を成し遂げなければならないと、生を強く規定するのである。山本七平の言葉を借りれば、「死の臨在による生者への絶対的支配」と呼ぶことができる(ブログ本館の記事「山本七平『一下級将校の見た帝国陸軍』―日本型組織の悪しき面が露呈した帝国陸軍」を参照)。さらに、絶対無となった人間は、再び無から有を生み出し、現在という時間軸の中に人間を送り込む。そして、世界同時革命の実現を目指すのである。この仕組みは、いわば革命の永久機関である。

 共産主義や全体主義が恐ろしいのは、その暴力性もさることながら、現在という時間が絶対であり、およそ歴史というものを持たない点である。つまり、社会が進歩するという発想がない。これは、我々、特に日本人には到底受け入れられない。ブログ本館の記事「『一生一事一貫(『致知』2016年2月号)』―日本人は垂直、水平、時間の3軸で他者とつながる、他」でも書いたが、日本人は、何となくこの世に生を受け、何となく死んでいく。我々は生の瞬間、死の瞬間を自覚することはできない。そして、絶対無も絶対有もない。そういう点では、共産主義的な生に比べると、いかにも軟弱であるかもしれない。

 しかし、何となく生まれた日本人は、ただ何となくこの世に生を受けたのではなく、先祖代々の魂を受け継いでいる。つまり、そこには歴史と伝統がある。そして、何となく死んだ後も、何となく意味を失うのではなく、魂だけは後世に引き継がれると信じる。すなわち、社会の永続的な発展を願う精神がある。

 冒頭の玄侑宗久氏によれば、東日本大震災は、従来のマルクス主義的な死生観に埋もれていた日本古来の死生観が再発見される契機になったという。
 行方不明者多数という稀有な事柄があり、被災者や遺族は生と死を深く見詰める中で「遺体が見つからないなら、あの人はきっとどこかで無事に生きている。たとえ肉体が滅んでも魂は不滅で祈りをささげれば帰ってくる」という、日本人古来の死生観がよみがえったのです。(同上)

森岡毅、今西聖貴『確率思考の戦略論―USJでも実証された数学マーケティングの力』


確率思考の戦略論  USJでも実証された数学マーケティングの力確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力
森岡 毅 今西 聖貴

KADOKAWA/角川書店 2016-06-02

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コークの味は国ごとに違うべきかコークの味は国ごとに違うべきか
パンカジ・ゲマワット

文藝春秋 2009-04-23

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 パンカジ・ゲマワットに、『コークの味は国ごとに違うべきか』という不思議な邦題の著書がある。グローバル企業が自社の製品・サービスを国ごとにカスタマイズすべきかを論じた1冊であるが、日本人からすれば、そもそもこんな問いを立てること自体がおかしい。日本人は「現地のニーズに合わせてカスタマイズするのは当たり前だ」と思うに決まっている。実際、日本コカ・コーラは、ジョージアなど日本市場向けの独自製品を販売している。だが、アメリカ企業には日本企業のような発想はない。特に、イノベーションに強い企業ほどその傾向が強い。アメリカのコカ・コーラが日本コカ・コーラに独自製品を認めているのは例外である。

製品・サービスの4分類(修正)

 またこの図を使うことをご容赦いただきたい(何度も言い訳をして申し訳ないが、未完成である。図の説明については、以前の記事「森本あんり『反知性主義―アメリカが生んだ「熱病」の正体』―私のアメリカ企業戦略論は反知性主義で大体説明がついた、他」などを参照)。イノベーティブなアメリカ企業は、左上の象限に強い。そして、左上の象限の企業は、カリスマ性のあるイノベーターがリーダーシップを発揮して、全世界に通用する単一の製品・サービスを生み出す。Google、Apple、facebook、Instagram、Youtube、Twitterなどは、細かい仕様の変更はあれど、単一の製品・サービスを全世界で普及させているという点では共通する。各国で仕様が異なるのは、言語面だけである。

 同時に、アメリカのイノベーティブな企業は、データの収集・解析にも多大な投資を行う。彼らの目的は、イノベーションを全世界に普及させるために、各国のそれぞれの市場セグメントの選好を分析し、どうすれば自社のイノベーションを受け入れてもらえるようになるかを検討することにある。自社の製品・サービスそのものを顧客ニーズに合わせていちいちカスタマイズしようという考え方はない。あくまでも、顧客の方を自社の製品・サービスに合わせようとするわけで、どんなプロモーションを展開すれば顧客を”洗礼”させられるのかについて戦術を練る。

 日本企業は、どちらかと言うとデータの活用が苦手である。それよりも、一人一人の顧客に寄り添って、ニーズを丹念にくみ取り、製品・サービスに緻密に反映させていく。だから、カスタマイズされた製品・サービスであふれることになる。そのため、日本企業はアメリカ企業とのグローバル競争で、どうしてもスピード感に欠ける。だからと言って、アメリカ流のデータ分析を取り入れると、今度は現場のことが見えなくなって、独り善がりの製品・サービスが横行する。最近の日本企業の苦境の原因は、この辺りにあるのではないかというのが私の見立てである。

 さて、前置きが長くなってしまったが、『確率思考の戦略論―USJでも実証された数学マーケティングの力』で紹介されているUSJは、アメリカ流と日本流を両方取り入れた稀有な例である。USJはエンタテイメント業であり、上図で言えば左上に該当する。仮にアメリカ企業がUSJを経営していれば、その企業は「我々の考えるエンターテイメントとはこういうものだ」という理想像を顧客に”押しつける”に違いない。ところが、USJはそうしなかった。

 USJはまず、「映画の専門店」から「世界最高のセレクトショップ」というコンセプトに転換した。次に、統計学を用いて顧客セグメントを分類し、購買金額の”伸び代”を特定した。そして、顧客セグメント別に、その伸び代を埋めるために、どのようなカスタマイズサービスを提供すべきかを検討した。

 ファミリー層に対しては、ファミリーエリア「ユニバーサル・ワンダーランド」を作った。最大の集客月である10月には、ゾンビがパークを埋め尽くす「ハロウィン・ホラー・ナイト」を開催した。また、アニメのワンピースなどとのタイアップを進め、アニメファンを取り込んだ。さらに、スリルを求める若者が意外と多いことに気づき、2013年にはジェットコースターを逆向きに走らせる「バックドロップ」を導入した。ディズニーランドも分析的経営に力を入れているらしいが、USJほど細かくカスタマイズされたサービスを提供しているのかと言うと、私にはやや疑問である。

松戸清裕『ソ連史』


ソ連史 (ちくま新書)ソ連史 (ちくま新書)
松戸 清裕

筑摩書房 2011-12

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 1917年の二月革命から1991年のソ連崩壊までを俯瞰した1冊。社会主義国ソ連に対する一般的なイメージと現実とのギャップが解った。

 (1)【一般的なイメージ】ソ連は「計画経済」でがんじがらめになっていた。
 ⇔【実際】本書を読むと、ソ連は慢性的に農作物の不足に悩まされていたことが解る。農作物を輸出して外貨を稼ぎ、その外貨を重工業に投資して経済成長をさせるというのが共産党の狙いであったが、シナリオ通りにはいかなかった。そのため、冷戦期にはアメリカとの経済格差が開く一方であった。

 計画経済では、毎年農作物の種類ごとに目標収穫量を設定する。ところが、実は計画を策定した時点で国民の需要を満たせないことが明らかなこともあった。そこで、政府が定めた農地=国有地に加えて、農民が自由に作物を育てることのできる付属地=私有地を認めた。そして、付属地で収穫された農作物は、コルホーズ(集団農場)市場で自由に売買することができるようにした。つまり、部分的に自由市場経済を認めていたわけである。

 政府が農民から買い取って国民に販売する農作物に比べて、コルホーズ市場で取引される農作物は価格が高くなる傾向にあった。そのため、政府は付属地の制限に乗り出したことがある。ところが、付属地を制限した途端に農作物の収穫量が激減し、かえって国民を飢餓に追いやる結果となってしまった。

 以前の記事「エズラ・F・ヴォーゲル、橋爪大三郎『鄧小平』」で、鄧小平が自由市場主義を採用したのは、共産圏では初めてではないと書いたが、鄧小平の改革より何十年も前に、実はソ連が自由市場を試みていたのである。

 (2)【一般的なイメージ】ソ連は共産党の一党独裁で、上意下達で運営されており、国民が共産党を批判することは許されない。
 ⇔【実際】本書を読んで最も興味深かったのは、政府や共産党関係者、地方の行政官、新聞などのメディアに対して、毎年国民からおびただしい数の手紙が届いていたという点である。手紙には、政治や行政に対する不満や改善点が書かれていた。2代全国紙には毎年数十万通の手紙が寄せられていた。ゴルバチョフの元には、”毎日”4,000通の手紙が届いていたという。

 共産党は国民の不満が爆発することを恐れていたため、国民の声を聞くことに注力していたようだ。手紙の中には、「仕事を斡旋してほしい」といった個人的なお願いごとも含まれていたそうだが、それに対応して就職先を紹介してあげたという例も紹介されていた。そのぐらい、共産党は国民の声に対して敏感だった。

 共産党も、政策を一方的に国民に押しつけたわけではなかった。共産党のスタンスは「国民に説明し、理解させ、協力を得る」というものであった。選挙は、共産党の政策を国民に浸透させる絶好の機会であった。ソ連は共産党の一党独裁であるから、選挙をやっても結果は見えているのだが、共産党は選挙活動を通じて政策を国民に丁寧に説明し、国民統合を図った。

 (3)【一般的なイメージ】((2)とも関連するが、)ソ連は中央集権体制である。
 ⇔【実際】必ずしも中央集権体制のみだったわけではない。フルシチョフの時代には、「国民経済会議」という組織が設置された。それまでのソ連は、国家経済委員会が連邦全体の計画を策定し、工業部門別の省が連邦全域の当該部門企業を管理する縦割り体制であった。この過度の中央集権を是正するため、フルシチョフは省を解体するとともに、全国各地に数十程度の国民経済会議を置き、部門を問わずその地域の工業企業の管理を委ねることで分権化を図った。

 また、フルシチョフは、国家機関が担う機能の多くを、次第に「社会団体」の管轄に移さなければならないとも考えていた。社会団体としては労働組合、コムソモール(共産党の青年組織)、各種協同組合などが挙げられた。さらに、文化施設、保健施設、社会保障施設の管理に社会団体を関与させ、劇場・映画館、クラブ、図書館など、国家の管轄下にある文化啓蒙機関の指導を社会団体に移す方針を打ち出した。これは、広く国民の参加意識を醸成することが目的であった。
お問い合わせ
designmail

※内容によっては回答までにお時間を頂戴する場合がございます。あらかじめご了承ください。
プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京23区、神奈川県川崎市・横浜市を中心に活動する中小企業診断士・コンサルタント。

 専門領域は、(1)経営ビジョン・事業戦略の策定、(2)ビジョンや戦略とリンクした人材育成計画の立案・人事評価制度の構築、(3)人材育成計画に沿った教育研修プログラムの企画・開発。

 モットーは「日々改善、日々成長」、「実事求是」、「組織のためではなく知識のために働く」、「奇策は定石より先に立たず」、「一貫性(Consistency)」、「(無知の知ならぬ)無知の恥」

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

 現ブログ「free to write WHATEVER I like」からはこぼれ落ちてしまった、1,000字程度の短めの書評を中心としたブログ(※なお、本ブログはHUNTER×HUNTERとは一切関係ありません)。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~
所属組織など
◆個人事務所
 「シャイン経営研究所」◆ シャイン経営研究所ロゴ

(一社)東京都中小診断士協会一般社団法人東京都中小企業診断士協会
(城北支部執行委員、および青年部長を務めています)

NPOビジネスサポート特定非営利活動法人NPOビジネスサポート
(監事を務めています)

企業内診断士フォーラム(KSF)企業内診断士フォーラム
(独立診断士の立場から、企業内診断士の活動を応援しています)

Experian海外企業信用調査 海外企業信用調査(Experian)
(一緒にお仕事をさせていただいている「コンサルビューション株式会社」は、世界最大の信用調査会社Experianの正規代理店です)

資格スクエア資格スクエア
(2016年7月から「ITパスポート」、8月から「情報セキュリティマネジメント」の講師を務めています。谷藤友彦と株式会社サイトビジット代表取締役・鬼頭政人氏の対談動画(1)(2)(3)
  • ライブドアブログ