こぼれ落ちたピース

谷藤友彦(中小企業診断士・コンサルタント)のブログ別館。1,500字程度の読書記録の集まり。

孔子『論語』―「学んで思わざれば則ち罔し、思うて学ばざれば則ち殆うし」


論語 (岩波文庫 青202-1)論語 (岩波文庫 青202-1)
 訳注

岩波書店 1999-11-16

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 子の曰わく、学んで思わざれば則ち罔(くら)し、思うて学ばざれば則ち殆(あや)うし。(為政十五)
 【現代語訳】先生がいわれた、「学んでも考えなければ(※)、〔ものごとは〕はっきりしない。考えても学ばなければ、〔独断におちいって〕危険である。」
 (※)学んでも―学とは本を読み先生に聞く、外からの習得をいう。
 これまで様々な書籍で断片的に『論語』の文章に触れてきたが、36歳にして初めて『論語』を通読した。『論語』の研究をライフワークの1つに加えたいと思う。65歳ぐらいになって、若手のコンサルタントから厄介払いされた時に、論語の私塾でも開いてやろうというのが私の密かな願望である。

 『論語』を1回通読したぐらいでは、愚劣な私には「仁」など理解できない。その意味を探求するのが人生の目標である。今回『論語』を通読してみて印象に残ったのは、「学習に対する姿勢」である。特に、冒頭の引用文が心に響いた。

 「学んで思わざれば則ち罔し」、「思うて学ばざれば則ち殆うし」は、いずれも私に思い当たる節がある。私は学生時代に、キャンパス内の生協食堂の売上高を上げるという、コンサルティングのようなプロジェクトに参加していたことがある。私は法学部の学生だったので、経営に関する知識はゼロで挑んでいた。

 店長向けに経営改善策を提案する資料を作成した時のことであるが、私は自分なりに一生懸命考えて、ロジックの通った資料を書いたつもりであった。ところが、それを他のプロジェクトメンバーに見せたところ、ボコボコに批判された。一番堪えたのは、同級生から「もっと経営の本を読んで勉強しろよ」と厳しく叱責されたことである。これが「思うて学ばざれば則ち殆うし」の体験である。元来本嫌いであった私が、本をよく読むようになったのは、この一件がきっかけである。

 それ以来、ピーター・ドラッカーをはじめとして、経営に関する本を貪るように読んだ。だが、今度はそれが仇になった事件がある。私が新卒入社した会社をわずか1年あまりで退職し、中小企業診断士の試験に合格して、8か月ほどのブランクの後に転職活動をしていた時のことである。ある企業の面接で、面接官は経営に関する質問をいくつも投げかけてきた。例えば、「なぜ社員の強みを活かす必要があるのか?」といった具合である。これらの質問に対し、私はドラッカーなどの書籍に書いてあったことを熱心に回答した。面接官が「なぜそう言えるのか?」と突っ込んで聞いてくると、私はさらに書籍の内容を話した。

 すると、面接官は私に向かって、「君は本の読みすぎだ」と言ってきた。本をたくさん読むのはよいが、その内容のよしあしを自分なりに考えて、独自の知識に落とし込む作業が足りていない、ということを言いたかったのだろうと思う。これが、「学んで思わざれば則ち罔し」を思い知らされた一件である(当然のことながら、その会社の面接は不合格になった)。

 今振り返ると、若いうちに「学んで思わざれば則ち罔し」と「思うて学ばざれば則ち殆うし」の両方を経験できたのは幸運であったかもしれない。現在の私がブログ本館で長々と書籍のレビュー記事を書いているのは、自分なりに逡巡したことを記録しておくためであり、またその内容をコンサルティングの実践に活かすためである。さらに、コンサルティングの実践を通じて体得したことを書籍の内容に照らし合わせて、より深いところで書籍を理解するためである。

 私は時々、相応の年齢になっているにもかかわらず、「学んで思わざれば則ち罔し」や「思うて学ばざれば則ち殆うし」の状態になっている人を見かける。特に、「学んで思わざれば則ち罔し」になっている人をよく目にする。その典型が、私の前職のベンチャー企業の社長である。前職のベンチャー企業については、ブログ本館の「【シリーズ】ベンチャー失敗の教訓」をご覧いただきたいが、A社長とC社長は元々、外資系のコンサルティングファームの出身であった。前職の会社には他にもこのコンサルファームから転職してきた人が何人もいたのだが、彼らの大半に共通して言えるのは、本国のデータベースに蓄積されているコンサルティング事例を日本企業にそのままあてはめようとする、ということだった。

 そういう癖が染みついているため、こういうことが起きる。ある時、C社長は、「我が社のコンサルタントはコンサルタントとしての知識が足りない」と言い出して、自らコンサルタントを教育することになった。ところが、その際に使用したのは、C社長がマッキンゼーの知り合いのコンサルタントから頂戴したという、戦略立案の方法論に関するパワーポイントであった。つまり、C社長のオリジナリティはどこにもなかった。話の内容も、おそらくそのパワーポイントを作ったマッキンゼーのコンサルタントの話を丸々コピーしているのではないかと思わせるものであった。

 またある時は、大学院で社会人学生にエニアグラムを用いた自己理解を教えることになった。実は、これはC社長が率いるZ社の本業とは全く関係がなく、C社長が個人的に請け負った仕事であった。C社長は、A社長が率いる教育研修サービスのX社のコンテンツを借用した。驚いたのは、C社長がZ社の定例の戦略会議を、突然エニアグラムの講義の練習の場にしてしまったことである。全く、公私混同も甚だしい話である。しかも、その話し方は何回やってもたどたどしく、自分の頭で考えたのかと疑問を抱かざるを得なかった。

 C社長には、私が当時担当していた大口顧客で、営業担当者向けに特別研修の講師をやってもらったことがある。研修のテーマは、「グローバル環境の変化が企業のIT戦略にどのような影響を及ぼすか」であった。だが、研修終了後の受講者のアンケートには、「インターネットから拾える情報ばかりだった」、「コンサルタントとしては賞味期限が切れている」など、辛口の批評がたくさん書かれていた。研修の内容を事前にしっかり確認しなかった私も悪かったのだが、C社長はもはや思考停止状態に陥っているのだと思い知らされた。

 A社長のデスクの近くの本棚には、DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューが仰々しく陳列され、経営に関する本がおそらく1,000冊ぐらい並んでいた。しかし、A社長は本を読んで一体何を学んだのかと言いたくなるぐらい、経営が下手であった。だから、売上高1.5億円ほどに対して営業”赤字”7,000万円という悲惨な業績になったこともあったし、1回目のリストラで「もうリストラはしない」と社員に宣言しておきながら、その後2回もリストラを行っている。

 A社長が率いるX社は組織変革・人材育成を軸としたサービスを提供している企業にもかかわらず、社員の育成には全くと言っていいほど無関心であった。それが端的に表れているのが、X社には人事考課がなかったことである。人事考課を行わなければ、人材育成のPDCAサイクルを回すことができない。それなのに、最近はアメリカ企業が”No Rating”と言って人事考課を次々と廃止しているという時流に乗って、A社長は「人事考課はもう必要ない」といった内容の書籍を出しているらしい。A社長は、時代が自分の流儀に追いついてきたとでも思っているのかもしれないが、単に自分のこれまでの怠慢を隠すための詭弁である。
 子の曰わく、後生畏るべし。焉んぞ来者の今に如かざるを知らんや。四十五十にして聞こゆること無くんば、斯れ亦た畏るるに足らざるのみ。(子罕二十三)
 【現代語訳】先生がいわれた、「青年は恐るべきだ。これからの人が今〔の自分〕に及ばないなどと、どうして分かるものか。ただ四十五十の年になっても評判がたたないとすれば、それはもう恐れるまでもないものだよ。」
 中小企業診断士の世界にいると、周りが50代、60代(中には70代も)ばかりなので自分が若いような気持ちになるのだが、私も何だかんだでもう36歳である。私が今最も恐れているのが、上記の引用文に書かれていることである。私は人材育成が専門分野だと周りには公言している。しかし、40歳になっても、「人材育成と言えば谷藤だ」という評判が立たなければ、私の人生は”詰み”だと思う。

『世界』2017年10月号『「一強」は崩壊したのか』―「仁徳天皇陵古墳」という表記は考古学・歴史学的に誤り


世界 2017年 10 月号 [雑誌]世界 2017年 10 月号 [雑誌]

岩波書店 2017-09-08

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 『世界』を定期購読して2年ぐらいになるが、今尾文昭「世界遺産候補「百舌鳥・古市古墳群」の天皇陵古墳名称を問う」は、『世界』の中で初めて面白いと思える記事であった(『世界』の記事としても異色である)。

 2017年7月31日、国の文化審議会は大阪の古墳群である「百舌鳥・古市古墳群」を世界文化遺産登録に向けて、ユネスコへ推薦することを決定した。百舌鳥・古市古墳群には、堺市の大山古墳や羽曳野市の誉田御廟山古墳をはじめとする陵墓(宮内庁が管理する天皇・皇后他皇族の墓所など)となる古墳が多く含まれている。ここで著者が問題にしているのは、例えば大山古墳に対する構成資産名称が「仁徳天皇陵古墳」となっている点である。他の陵墓もこれに倣い、○○天皇陵古墳などという名称になっている。

 記事によれば、これらの名称の問題点は、大きく3つある。1つ目は、大山古墳に仁徳天皇が、誉田御廟山古墳に応神天皇が埋葬されているというのはあくまでも考古学・歴史学上の推定であり、また宮内庁が管理上便宜的にそのように呼んでいるだけであって、必ずしも史実を反映していないということである。2つ目は、「仁徳」や「応神」などの漢風の諡号は古墳時代には存在しておらず、8世紀になって国史を編纂する際に初めて与えられたものであるから、古墳時代の為政者の意向に沿ったものではないということである。3つ目は、2つ目とも関連するが、陵墓制度が古墳時代に確立されていたという史実はなく、したがって名称に「陵」を用いるのは適切ではないということである。

 さらに言うと、百舌鳥陵山古墳と大山古墳の間には、築造時期に1世代ほどの時間的隔たりがあることが考古学の研究から明らかになっている。しかし、宮内庁は、大山古墳には第16代天皇の仁徳天皇が、百舌鳥陵山古墳には第17代天皇の履中天皇が埋葬されているとしている。すると、天皇の時系列と古墳の時系列が逆転していることになり、矛盾した話になってしまう。

 こういうことは、私は全く考えたことがなかった。高校で日本史を学んだ時には、大山古墳=仁徳天皇陵古墳、誉田御廟山古墳=応神天皇陵古墳であると何の疑いもなく記憶したものである。ちなみに、私の蔵書の中には私が高校生の時に使っていた日本史の教科書が今でも残っているので、どのように記述されているのか確認してみたところ、「大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)」、「誉田御廟山古墳(応神天皇陵古墳)」となっていた。著者の考えに従えば、カッコ内の表記は不適切ということになる。さらに、「大仙陵古墳」という名称は、地名+「陵」+古墳となっており、おそらくこれも適切ではないのだろう。

 著者自身は、古墳の表記については、遺跡としての古墳名+現陵墓としての便宜的呼称を併記することを基本としている。例えば、「大山古墳(現、仁徳天皇陵)」といった具合だ。まずは大山古墳の表記を第一とするが、近代以降の施策の中で広く周知されてきた仁徳天皇陵の表記も併記する。さらに、宮内庁が管理と祭祀を行っているという現実があるので、”現”を加えている。

 さらに、記事のタイトルに含まれる「天皇陵古墳」という用語についても、前述の通り古墳時代には陵墓制度が存在していなかったことを踏まえると、「天皇制古墳」と呼ぶのが望ましいのではないかという記述で著者は記事を締めくくっている。ただ、個人的には「天皇制」という言葉は、今度は戦前の国体における「天皇制」を想起させてしまうため、「天皇”性”古墳」の方がよい気がする。

何清漣、程暁農『中国―とっくにクライシス、なのに崩壊しない“紅い帝国"のカラクリ』―内需が弱すぎる中国


中国――とっくにクライシス、なのに崩壊しない“紅い帝国中国——とっくにクライシス、なのに崩壊しない“紅い帝国"のカラクリ - 在米中国人経済学者の精緻な分析で浮かび上がる - (ワニブックスPLUS新書)
何 清漣 程 暁農 中川 友

ワニブックス 2017-05-12

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 かつての親中派であったアメリカのマイケル・ピルズベリーが『China 2049』で明らかにしたように、中国は1949年の建国から100年後の2049年までに世界の覇権を握るという目標を立てている。世界の覇権を握るとは、まずは経済面でアメリカを圧倒し、次に軍事面でもアメリカを大きく凌駕することを指す。経済面で圧倒するというのは、解りやすく言えばGDPでアメリカを抜くということだ。中国のGDPは、2025年頃にはアメリカを上回ると予測されている。

 ただし、中国のGDPにはからくりがある。GDPはGDE(国内総支出)と等しく、GDE=(民間最終消費支出+民間住宅投資+(民間設備投資+民間在庫品増加)+(政府最終消費支出+公的固定資本形成+公的在庫品増加)+(財貨・サービスの輸出-財貨・サービスの輸入)で計算できる。中国が手っ取り早くGDP=GDEを上げるためにとった政策が、個人の不動産(民間住宅投資)、民間企業の設備投資(民間設備投資)、公共のインフラ(公的固定資本形成)を増やすことであった。これらの要素は、作れば作った分だけGDPの上昇に反映される。そのため、中国では住宅の建設ラッシュが続き、企業は次々と最新の設備を導入した。国内では、あちこちで作りかけの道路を見ることができる。

 中国の不動産業がGDPに占める割合は、2009年には6.6%であったが、2015年には14.18%にまで上昇している。中国では1人で住宅を2軒、3軒持つのが普通になっており、中には10軒持っている人もいるそうだ。これだけ供給過剰になれば、いつ不動産バブルが崩壊してもおかしくないと考えるのが普通である。

 通常の国では、貨幣を供給する胴元と、価格の妥当性を判断する審判が分かれている。日本のバブルは、貨幣を供給する日本銀行に対して、審判である市場がノーを突きつけたことで崩壊した。ところが、中国の場合は、胴元と審判がイコールになっている。よって、中央銀行が貨幣を増発し、地方銀行がディベロッパーにそれを貸し付け、国民に住宅を購入させ続けるという図式が成り立っている。中央政府が貨幣の蛇口を閉めた途端、中国経済は信じられないほどの大混乱に陥る。そのため、中国はこのギャンブルから降りることができない。

 中国では、民間の設備投資が既に過剰になっているという点も、多くの人が指摘するところである。中国国家発展改革委員会の研究者の分析によれば、製造業の過剰生産能力から周期的な過剰部分を除くと、全体のおよそ15%が恒久的な過剰生産能力と考えられるそうだ。さらにこの研究者は、全ての業種での投資について、1997年から2013年までの投資の35.6%は有効ではなく、その総額は66.9兆元に達するとも述べている。66.9兆元と言えば、日本円にすると1,000兆円超である。日本のGDPの約2倍にあたる額の投資が有効でない、つまりムダになっていると考えると、実に恐ろしい話である。

 中国経済は投資に大きく依存した構造になっている。ということは、裏を返せば個人の消費が非常に弱い。先進国においては、GDPに占める個人消費の割合は5割から6割に達するのだが、中国では3割ほどしかない。中国が本当の意味で健全な経済成長を続けるためには、内需を拡大することが重要な課題となる。以上が本書の大まかな内容である。なお、中国経済のからくりについては、上念司『習近平が隠す本当は世界3位の中国経済』(講談社、2017年)も興味深い。

習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 (講談社+α新書)習近平が隠す本当は世界3位の中国経済 (講談社+α新書)
上念 司

講談社 2017-06-21

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 中国の個人消費がこれほどまでに弱い要因は何であろうか?ここからは私の仮説になるが、供給と需要の両面からとらえることができるのではないかと思う。まず、供給面であるが、中国は鄧小平時代に市場を開放して以降、海外から投資を次々と呼び込んだ。中国にやってきたのは製造業が中心であり、中国の安い労働力で安い製品を作り、世界中に輸出するというモデルができ上がった。

 海外から製造業を呼び込む場合、全製品を輸出に回す代わりに税制面で優遇する、という形をとることが多い。これによって輸出を大きく伸ばし、GDPを増加させようというわけだ。だが同時に、国内の生産レベルが上がってくれば、徐々に内需向けの企業を海外企業と国内企業の合弁で設立し、海外企業の技術を吸収する方向にシフトしていくのが普通である。中国では、外資が内需向けの企業を設立することが過度に厳しく制限されていたのではないかと推測する。

 需要面で見ると、個人消費が弱いということは、端的に言えば国民がお金を持っていないということである。外資の製造業の参入によって雇用が増大し、農村から都市への人口流入が起きたものの、その大半はコスト抑制のために最低賃金ギリギリの水準で働かされていた可能性がある。だから、雇用が増えた割には国民の生活がそれほど豊かにならなかったと考えられる。

 中国が内需を拡大するには、外資に設けられているハードルを下げて国内市場向けの供給を増やすと同時に、高い賃金が期待できる高付加価値産業を育成することが重要である。中国は、世界の工場と呼ばれた時代に、輸出面で有利に立つために元安へ誘導したと言われる。トランプ大統領は、これを為替操作だと厳しく批判した。すると中国は、今度は元高になるように為替を操作した。元高になると、中国企業が外資企業を買収しやすくなる。現在、中国が世界中の企業、特に高付加価値産業の企業を買いあさっているのはこのためである。

 だが、買収した企業が中国人の雇用を増やし、彼らに高い給与を支払い、さらにゆくゆくは中国国内に製品・サービスを提供するという戦略を持たない限り、中国の内需は強くならないであろう。ただ単に、買収側の中国企業の株主となっている一部の共産党幹部の懐を温めるだけの結果に終わるに違いない。
お問い合わせ
お問い合わせ
プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京23区、神奈川県川崎市・横浜市を中心に活動する中小企業診断士・コンサルタント。

 専門領域は、(1)経営ビジョン・事業戦略の策定、(2)ビジョンや戦略とリンクした人材育成計画の立案・人事評価制度の構築、(3)人材育成計画に沿った教育研修プログラムの企画・開発。

 モットーは「日々改善、日々成長」、「実事求是」、「組織のためではなく知識のために働く」、「奇策は定石より先に立たず」、「一貫性(Consistency)」、「(無知の知ならぬ)無知の恥」

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

 現ブログ「free to write WHATEVER I like」からはこぼれ落ちてしまった、1,500字程度の短めの書評を中心としたブログ(※なお、本ブログはHUNTER×HUNTERとは一切関係ありません)。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~
最新記事
  • ライブドアブログ