こぼれ落ちたピース

谷藤友彦(中小企業診断士・コンサルタント・トレーナー)のブログ別館。2,000字程度の読書記録の集まり。

『正論』2018年8月号『在韓米軍撤退の現実味』―TVの報道がしょうもないのは「番組考査」で自縛に陥っているため


正論2018年8月号 (在韓米軍撤退の現実味)正論2018年8月号 (在韓米軍撤退の現実味)

日本工業新聞社 2018-06-30

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 7月に岐阜の実家で3週間ほど静養して、久しぶりにTVで昼のワイドショーを観たところ、『バイキング』が日大アメフト問題を未だに毎日のように取り上げているのを見てうんざりした。出演者が「これは日大のガバナンスの問題だ」と連呼するのだが、彼らが「ガバナンス」という言葉の意味を正しく理解しているのかはなはだ不明である。相手チームの選手に負傷を負わせる反則を指示するような内田正人という人間を監督に選任し、その人事の妥当性を事後的にモニタリングする仕組みを欠いていたという意味でガバナンスの問題なのか、それとも内田前監督が日大では強大な人事権を持つ元理事で、彼によって下された人事的な判断が実は日大を運営する上で数々の重大な問題を引き起こしており、それを見過ごしていたという意味でガバナンスの問題なのかが判然としない。

 第一、例えば企業の社員が痴漢や横領で逮捕されたとしても、そういう社員を採用してしまった企業側のガバナンスに問題があると報道するTVはないだろう。日大に限って、たった1試合のあの反則プレーの一件をもって、それを大学全体のガバナンスなどという仰々しい問題に格上げするのは、TVによる偏向的で執拗ないじめと言っても過言ではない。

 TVが報道するべきニュースは他にも山ほどあるのに、こんなしょうもない問題でいつまでも遊んでいるのは、どうやら『正論』の本号で紹介されていた「番組考査」という制度に原因がありそうである(上念司「テレビ局の”番組考査” 笑える実態」)。これは、テレビ局が放送前に、番組制作サイドが作った台本や出演者の発言などについて、放送倫理上問題がないかチェックし、場合によっては削除などの改善を行う制度である。番組の内容の倫理性を検証する制度としては、第三者機関のBPOが存在するが、テレビ局も独自にチェックを行っているというわけだ。だが、その番組考査はあまりに神経質であり、TVは報道すべきニュースを過度に自粛している。その結果、代わりにしょうもない報道が増える。

 DHCテレビが制作し、TOKYO MXが放送した「ニュース女子」は、昨年1月に、沖縄の反米軍基地運動について事実に反する報道を行ったとして、BPOから大目玉を食らった。上念氏によると、それ以降、MXテレビによる番組考査が厳しくなったという。例えば、上念氏が番組の中で「駅前でギャンブル場」と発言したところ、MXテレビ側は「パチンコと想起でき、また法律上は賭博(ギャンブル)ではないので削除ください」とDHCテレビに要求した。確かに、法律上はパチンコはギャンブルではない。しかし、ギャンブル依存症と言う場合のギャンブルにはパチンコも含まれているのだから、上念氏の発言は明らかな事実誤認とは言えない。上念氏は、パチンコ業界を経営しているのは朝鮮系の人たちが多いため、MXテレビ側は民族差別問題にならないか気にしたのかもしれないと考えている。

 さらに、南シナ海の岩礁埋め立てを行い、軍事基地化を進めている中国が、国際仲裁裁判所の違法判断を無視している問題で、「習近平は無視して」と国家主席に呼称をつけずに批判したところ、これも番組考査の対象となった。MXテレビ側は削除を求め、その根拠として、民放連放送基準の(2)「個人・団体の名誉を傷つけるような取り扱いはしない」、(9)「国際親善を害するおそれのある問題は、その取り扱いに注意する」、(84)「企画や演出、司会者の言動などで、出演者や視聴者に対し、礼を失したり、不快な感じを与えてはならない」に抵触すると言ってきた。これは中国に対して過剰なまでに遠慮している証拠である(ちなみに、礼を失してはいけない対象は出演者や視聴者となっており、習近平国家出席は対象外であるから、MXテレビの指摘はおかしい)。

 作家の百田尚樹氏も番組考査の犠牲になった。竹島について「竹島もずっと取られたまま」と発言した部分も番組考査の対象になった。MXテレビ側は、「竹島は日本の領土です。事実誤認だからカットしてください」と指摘した。しかし、百田氏は竹島が日本固有の領土なのに、「ずっと取られたまま」、つまり韓国によってずっと不法占拠されているという、政府見解と合致する事実を改めて指摘したにすぎない。ここでも、韓国に対する過剰な遠慮が見られる。

 この程度の発言でカットされてしまうのならば、私などはとてもテレビに出演できない(もっとも、そんなオファーが来る確率は限りなく低いが)。ブログ本館でも書いたように、北朝鮮が核兵器を開発したのは、単に体制を維持するためだけではない。体制を維持したければ、わざわざ核兵器などという危険な道具でアメリカを刺激する必要がない。周知の通り、朝鮮戦争は終結しておらず、未だ停戦状態のままである。北朝鮮の最終目標は、朝鮮半島を社会主義国家として統一することにある。北朝鮮が韓国に攻め入った時、韓国の同盟国であるアメリカが北朝鮮を核兵器で攻撃しないよう、アメリカを牽制するために核兵器を開発した。

 そして、一度核兵器が完成してしまえば、今度はそれを外交カードとして使い、「核兵器を放棄してほしければ、アメリカは韓国から出ていけ」と迫ることができる。韓国からアメリカさえいなくなれば、北朝鮮が韓国を統一するのはたやすい。北朝鮮は、日本人が思っているよりもずっとクレバーな国である。こんなことを私がTVで発言しようものなら、「朝鮮総連から文句が出るので止めてくれ」と言われて、一発でカットされるだろう。

 甚大な被害を出した西日本豪雨が発生した後、政府は豪雨被害者の救済を議論せず、統合型リゾート(IR)実施法の成立を目指していた。これはやや語弊がある書き方だが、安倍内閣にとっては、豪雨被害者の救済に積極的に乗り出すことは、「モリカケ問題」でじりじりと下がっていた内閣支持率を引き上げる絶好のチャンスだったはずだ。それなのに、安倍首相がそれをしなかったのには、裏があると考えるのが自然である。その裏とは、ずばりアメリカからの圧力である。

 日本にカジノができれば、アメリカ企業が進出してくる。問題は、そのアメリカ企業がユダヤ系であることである。例えば、ラスベガス・サンズ会長兼CEOのシェルドン・アデルソンはユダヤ系である。ユダヤ系アメリカ企業の利益は、必然的にイスラエルに流れる。イスラエルはその利益を軍事に投資するだろう。核兵器の開発にも投入されるかもしれない。その結果、中東の問題はさらに混迷を極める恐れがある。考えが浅い日本の政治家はカジノの経済効果にしか注目しないが、経済の上には政治が乗っかっていることを忘れてはならない。この法律は、日本が中東問題の泥沼化に手を貸してしまう可能性のある危険な法律なのである。だから、TVは政治音痴の日本の政治家と、アメリカそしてイスラエルに対してもっと批判的にならなければならなかった。ところが、TVにはそれができない。こんな発言も、一発で番組考査に引っかかるに違いない。

 メディアたるTVは、権力を監視する権力の番人である。監視の対象となる権力には、日本政府はもちろんのこと、外国の権力も含まれる。ところが、日本のTVは番組考査という制度のせいで内弁慶になっている。日本政府のことはそれなりに批判するのに(もっとも、その批判も「モリカケ問題」に代表されるようにピントがずれている)、外国の権力と対峙すると、途端に権力の犬に成り下がる。日本人は生来的に外国人に対して恐れを抱いているという心理が影響しているのかもしれないが、それにしてもTVの外国権力回避は目に余る。健全な批判のないところに監視は成立しないし、まして本当の意味での信頼も構築されない。TVが外国の権力の言いなりになっているということは、彼らが日本を植民地化しようとしているのに手を貸しているようなものであり、売国行為に他ならない。

ティク・ナット・ハン『怒り―心の炎の静め方』―どんな相手とでも破綻した関係を修復できるというのは幻想


怒り(心の炎の静め方)怒り(心の炎の静め方)
ティク・ナット・ハン Tich Nhat Hanh

サンガ 2011-04-13

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 本書を読むのは2回目である。1回目の時は気づかなかったのだが、著者のティク・ナット・ハン氏は「マインドフルネス」の師である。マインドフルネスとは、端的に言えば、「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」である。マインドフルネスを実践すると、うつ病の症状の緩和、ストレスの低減、薬物依存の解消に効果があるとされている。その他の精神病患者に対する多くの治療効果も示し、心の健康に関する問題を鎮めるための予防的な方策にもなっている。

 企業間の競争が激しさを増す中で社員の仕事上のストレスが増大していることもあって、アメリカなどではマインドフルネスが広がりを見せている。例えばAppleの創業者スティーブ・ジョブズ氏、Salesforce.comのCEOマーク・ベニオフ氏といった経営者はマインドフルネスを実践している(いた)し、Google、Facebook、Yahooといった企業はオリジナルの研修を開発している。最近では、タイ北部のチェンライ郊外のタムルアン洞窟で、地元のサッカーチームの少年13人が大雨によって3週間も閉じ込められていたにもかかわらず、全員無事に救出されたのは、同行していたコーチがマインドフルネスを毎日少年たちに実践させ、心身を落ち着けていたことが大きいと言われている。

 先日の記事「稲盛和夫『考え方―人生・仕事の結果が変わる』―現世でひどい目に遭うのは過去の業が消えている証拠」でも書いたように、私は双極性障害Ⅱ型という精神疾患を患っている。前職のベンチャー企業に勤めていた頃に、仕事で極度のストレスにさらされたことが要因で、毎日何かしらの怒りを抱いていた。そのたびに物を投げつけたり、オフィスのドアを蹴飛ばしたりしていた(決して人に危害を加えたり、物を破壊したりはしなかったことだけはつけ加えておく)。夜寝ている時も、夢の中で怒っていることがあり、夢の中で自分が怒鳴っている声で夜中に目が覚めたことが何度もある。例えば、ホテルのフロントで現金を外貨に換金してもらおうとしたところ、6時間も待たされ、その間フロントのスタッフを怒鳴り続けるという夢を見て、その怒鳴り声で起きたことがある。

 治療を続けるうちにそのような症状は治まったものの、代わりに日常生活の些細なことでもイライラするようになった。カフェや電車で電話をする人、カフェや電車内で大声で話す人、電車内で音楽が音漏れしている人、電車内でスマホで写真を撮る人、電車内で足を組む人、飲食店で赤ん坊をちっとも泣き止ませようとしない親、飲食店でスマホ育児をする親、スーパーやコンビニでなかなか会計を済ませない客、歩道で横いっぱいに広がって歩く集団、駅でちんたらと歩く集団、エレベーターの出口で降りる人を通さずに出口をふさぐ人、風呂に入らずにきつい体臭を放つ人―こういう人に遭遇するだけで頭に血が上り、心拍数が上がる。普通の人でもイラっとするケースが含まれていると思うが、私は普通の人以上に怒りを覚えやすい。これはもう双極性障害の後遺症だと思って、治すのではなく上手く制御しなければならないと考えている。

 そのコントロール法をもう一度学び直そうと思って読み返したのが本書である。劣悪な環境で飼育された鶏の肉や卵を食べる時、我々は同時に怒りを消費しているという著者の指摘はなるほどと思った。雑誌やテレビも時として毒を含んでいるという。だから、我々は自然に育った牛、豚、鶏などを口にするべきである。怒りを含んだテレビや雑誌は回避するべきである。それでも怒りを感じる時には、呼吸を整えるとよい。怒りを感じると、我々の呼吸は短く浅くなる。そこで、意識的に深く息を吸い、吐き、呼吸を静める方法を知っておく必要がある。

 ここまでは私も納得することができた。最近は私も呼吸法を意識するようにしている。それでも怒りを抑えることが難しい場合は、自分からその状況を回避する(例えば、一時的にトイレや店外へ避難するなど)ように心がけている(もっとも、電車内だけは逃げ場がないため、未だに対処法に苦労している)。

 本書で引っかかったのは、どうしようもなく関係がこじれた2人の間で、一方がまずは「私は怒っています」と感情を表明し、「私は最善を尽くしています。私のため、そしてあなたのためにもこの怒りに対処しようとしています」と相手への信頼を示し、最後には「私を助けてください」と、自分に怒りを生じさせた相手に助けを求めれば、自ずと2人の間で対話が発生し、2人の関係が必ず修復に向かうと著者が主張していることである。簡単に言えば、「腹を割って話し合えば何でも解決できる」と言っているようなものである。これは、対話に絶対的な効力があるという言説を相手に無条件に受け入れさせようとしている点、そして対話を通じて何人も共通の見解に至ることができると信じている点で、私は人間の多様な意見や価値観をモノトーンに落とし込む全体主義的な発想だと感じてしまう。

 マインドフルネスを実践すれば、誰しもが宇宙の根底に存在する潜在意識に到達できるとされる。私はこれこそまさしく全体主義的だと思う。数年前に流行った「U理論」にも類似の傾向が見られる(ブログ本館の記事「オットー・シャーマー『U理論』―デイビッド・ボームの「内蔵秩序」を知らないとこの本の理解は難しい」を参照)。U理論の場合は極端で、他者との相互作用がなくとも宇宙の潜在意識にアクセスすることができ、1人の意識がそのまま全体の意識に等しくなるという。こうなると独裁と民主主義の区別がない全体主義と何ら変わりがない。

 その点、本書の著者の言うマインドフルネスは、他者との対話を必要としているから、全体主義としては幾分ましな部類に入るだろう。マインドフルネスは、禅宗にルーツがある。マインドフルネスがこんなに全体主義的になってしまったのは、鈴木大拙が海外に紹介した禅の内容に問題があったのではないかと私は考えている(ブログ本館の記事「鈴木大拙『禅』―禅と全体主義―アメリカがU理論・マインドフルネスで禅に惹かれる理由が何となく解った」を参照)。

 私は左派の全体主義者ではなく、右派の保守主義者なので、人間の考え方の多様性を認める。リベラリズムとは、本来右派の言葉である。ただし、私にとって正しいと思うことが、他者にとっても正しいとは限らない。私は私の価値体系に基づいて思想を形成しているのと同様に、他者は他者の価値体系に基づいて思想を形成している。その異なる思想を無理に統一しようとしてはならない。異なる思想が共存することを受容しなければならない。多少の喧嘩はするかもしれないが、いつまでも子どものように喧嘩を続けるのではなく、相手の存在を認めなければならない。相手の思想が受け入れがたいのであれば、相手のことを放置しておけばよい。仏教では縁切りが認められている。

 ただし、異なる思想を持つ人が自分の存在を脅かすとなれば話は別である。そのようなケースでは、誰でも怒りを覚える。その怒りを放置し、怒りのままに行動させると社会の混乱が予想される。よって、人々の怒りを抑制するために、攻撃者に対して社会的な制裁措置としての法が必要となる。

 日本の場合、多様な思想の共存を象徴するのが天皇である。天皇は、国民がどんな思想を持っていても、その思想が破壊的でない限り共存させる。これが、古来から日本人が大切にしてきた「和」の精神である。論語に「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」とある。小人(つまらない人)は、和を押し殺して人々の多様性を強制的に同化しようとする。だがこれは、これまで述べてきたように全体主義の発想である。これに対して君子(天皇)は、決して多様な思想を単一にせず、併存させて和を保つのである。

稲盛和夫『働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」』―「製品を抱いて寝たい」と思うほどの情熱が今の日本企業にあるか?


働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」
稲盛和夫

三笠書房 2009-04-02

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 先日の記事「稲盛和夫『考え方―人生・仕事の結果が変わる』―現世でひどい目に遭うのは過去の業が消えている証拠」でも書いたが、稲盛和夫氏は品質に対するこだわりが非常に強い。京セラの主力製品であるファインセラミックスは、粉末状になった金属の酸化物の原料を型に入れ、プレスなどをして形を作り、高温の炉の中で焼き上げる。それをさらに研磨したり、表面を金属加工したりするなどして、製品として完成するまでに長い工程を必要とする。そのどの工程においても繊細な技術が必要とされる。だから、完成品を作るには99パーセントの努力では足りない。最後の1パーセントの努力を怠ったために全てが無駄になることもある。だから、常に100%を目指さなければならないと言う。

 京セラが創業して間もない頃、放送機器用の真空管を冷却する水冷複巻蛇管という製品を作ったことがあった。それまで小さなファインセラミックスしか作ったことがなかった京セラにとって、蛇管は直径25センチ、高さ50センチと巨大である上に、オールドセラミクス、いわば陶磁器であった。そのような製品の製造ノウハウはなく、製造設備もない。しかし、稲盛氏は顧客の熱意にほだされ、つい「できます」と言ってしまった。そこからが大変であった。

 例えば、原料は一般の陶磁器と同じ粘土を使うのだが、何せサイズが大きいため、製品全体を均一に乾燥させることが極めて難しい。最初は成形、乾燥プロセスの中で必ずと言っていいほど乾燥ムラが生じ、先に乾燥した部分にクラック(ひび)が入ってしまった。乾燥時間が長すぎるのかもしれないと考え、短縮する工夫をしたものの、やはりクラックを防ぐことができない。試行錯誤を重ねた末、まだ乾ききらない柔らかい状態の製品をウェス(ボロ切れ)で巻き、その上から霧を吹きかけてじわじわと全体を均一に乾燥させるという方法を編み出した。

 しかし、まだ問題はあった。製品サイズが大きいために、乾燥に時間をかけすぎると、今度は製品自体の重みで形が崩れてしまう。これも様々な方法を試した。その結果、稲盛氏はこの蛇管を「抱いて寝る」ことにした。つまり、窯の近くで適当な温度の場所に稲盛氏が横になり、そっと蛇管を胸に抱いて、夜中じゅうそれをゆっくりと回すことで形崩れを防ぎながら乾かす方法を取ったのである。ものづくり、品質に一切妥協しない稲盛氏の姿勢がうかがえるエピソードである。

 ブログ本館の記事「『一橋ビジネスレビュー』2018年SPR.65巻4号『次世代産業としての航空機産業』―「製品・サービスの4分類」修正版(ただし、まだ仮説に穴あり)」で示したマトリクス図に従えば、京セラは「必需品である&製品・サービスの欠陥が顧客の生命(BtoC)・事業(BtoB)に与えるリスクが大きい」という右下の<象限②>でビジネスを行っている。だから、品質に対するこだわりが強くなるのは自然な流れだと言える。そもそも、日本企業の多くは<象限②>に強いはずであった(一方、アメリカ企業は左上の<象限③>に強い)。しかし、近年、日本企業の品質問題が頻発しており、品質神話が崩れつつある。

 私は、稲盛氏のように「製品を抱いて寝たい」と思うほど品質にこだわる企業が減っているのではないかと感じる。確かに、日本企業の製品はオーバースペックであり、とりわけ所得水準がまだそれほど高くない新興国にそれを持って行っても受け入れられないという問題はあった。だが、多くの企業が取ったのは、単純に全体の品質を落として安く仕上げるという方法ではなかっただろうか?

 本当に新興国市場に適応するためには、新興国市場のニーズをきめ細かく吸い上げ、必要な機能とそうでない機能を峻別して、必要な機能に関しては日本のものづくりの力を活かして最高の品質を実現し、現地企業の品質を圧倒的に凌駕することを目指すべきだったと思う。それなのに、安直に全体の品質を落としてしまえば、顧客が必要とする機能の品質までも不十分になり、深刻な品質問題に発展してしまうのは必然であるように感じる。

 こうした品質軽視に拍車をかけているのが、アメリカの<象限③>流の製品・サービス開発手法であるとも考える。<象限③>にはIT系の製品・サービスが多いのだが、IT企業はたとえバグがあってもとにかく早く製品・サービスを市場にリリースして高いシェアを獲得し、バグは後からアップグレードで対応すればよいと考えている。こうした方法が許されるのは、<象限③>が「必需品でない&製品・サービスの欠陥が顧客の生命(BtoC)・事業(BtoB)に与えるリスクが小さい」からである。これと同じことを、顧客が製品・サービスの欠陥リスクに敏感で、高い品質水準を要求する<象限②>に持ち込むと、大変なことになる。

 冒頭で紹介した先日の記事の中でも書いたが、稲盛氏は解らないことは自分が納得するまで社員に質問するタイプであった。稲盛氏も告白しているように、稲盛氏は技術には通じていたが経理には明るくなかったため、経理担当者は頻繁に稲盛氏の質問のターゲットになった。稲盛氏から、「この数字は何なのか?」、「なぜこの数字になるのか?」と色々質問された経理担当者は、ある時「すみません、数字が間違っていました」と言って、消しゴムで数字を消して書き直そうとした。稲盛氏はその所業を見て烈火のごとく怒った。稲盛氏は、間違っていたから直せばよいという甘い考えで仕事をするなと厳しく指導した。

 前述の通り、京セラの製品は間違ったら後から直せないものばかりである。だから品質の作り込みを徹底した。そして、その品質の作り込みを本社の事務スタッフにも要求したのである。最近、品質問題を引き起こしている日本企業は、<象限③>のような考えで、間違っていたら後から直せばよいと高を括っており、会社全体として意識がたるんでいたのではないだろうか?
お問い合わせ
お問い合わせ
プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京都豊島区を拠点に、東京23区で活動する中小企業診断士(コンサルタント・トレーナー)。

 中長期的な研究分野は、
 ①日本の精神、歴史、伝統、文化に根差した戦略論を構築すること。
 ②高齢社会における新しいマネジメント(特に人材マネジメント)のあり方を確立すること。
 ③20世紀の日本企業の経営に大きな影響を与えたピーター・ドラッカーの著書を、21世紀という新しい時代の文脈の中で再解釈すること。
 ④日本人の精神の養分となっている中国古典を読み解き、21世紀の日本人が生きるための指針を導くこと。
 ⑤激動の多元的な国際社会の中で、日本のあるべき政治的ポジショニングを模索すること。

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

 現ブログ「free to write WHATEVER I like」からはこぼれ落ちてしまった、2,000字程度の短めの書評を中心としたブログ(※なお、本ブログはHUNTER×HUNTERとは一切関係ありません)。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~
YggDoreによる投げ銭(寄付)
YggDore

 本ブログは、他のブログでは読むことができないような独自の視点から、少しでも皆様のお役に立つ記事の掲載を目指しています。もし、「面白かった」と思ってくださいましたら、YggDoreから投げ銭(寄付)をしていただけると大変ありがたいです(※手順は「こちら」)。

 ※クレジットカード決済は本人確認費用と時間が発生するため、銀行振込をお勧めします。ただし、振込手数料は皆様にご負担いただきます。
 ※いずれの方法を選択した場合でも、振込者情報、銀行口座情報、クレジットカード番号などが私に通知されることはありません。
 ※寄付をしていただいても、広告掲載などの見返りは提供しておりません。あしからずご了承ください。
Facebookページ
最新記事
人気ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ
FC2ブログランキング
ブログ王ランキング
BlogPeople
ブログのまど
被リンク無料
  • ライブドアブログ