こぼれ落ちたピース

谷藤友彦(中小企業診断士・コンサルタント)のブログ別館。1,000字程度の読書記録などの集まり。

安達瑛二『ドキュメント トヨタの製品開発―トヨタ主査制度の戦略、開発、制覇の記録』


ドキュメント トヨタの製品開発: トヨタ主査制度の戦略,開発,制覇の記録ドキュメント トヨタの製品開発: トヨタ主査制度の戦略,開発,制覇の記録
安達 瑛二

白桃書房 2014-09-06

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 トヨタには「主査制度」というものがある。これは1人の製品企画室主査に、担当者種に関する企画(商品計画、製品企画、販売企画、利益計画など)、開発(工業意匠、設計、試作、評価など)、生産・販売(設備投資、生産管理、販売促進など)の全てを委ね、全決定権と全責任の所在とを一元化する、という独自の製品開発体制である。簡単に言えば、主査は担当者種について、マーケティングから生産、販売までの全プロセスに責任を負う。

 当然のことながら、社内のあらゆる部門との協力が欠かせない。ところが、面白いことに、主査には他部門に対する指揮命令権はない。あくまでも説得と助言しかできないことになっている。それでも、担当者種の全責任は主査にあるわけだから、何としてでも関係部署を突き動かす必要がある。まるでオーケストラの指揮者のように、各部署を1つにまとめ上げなければならない。主査に求められるのは、一言で言えば深い人間力である。

 著者の安達瑛二氏は1960年から84年までトヨタ自動車に勤務し、主査の部下である主担当員として、次世代マークⅡ、その双子車であるチェイサー、さらなるシェア拡大を狙ったクレスタに携わった。3車種の相次ぐ成功によって、トヨタは日産とのシェアを逆転させ、シェア50%を獲得するまでに至った。本書は、著者が当時の記憶をたどりながら、主査制度を中心としてトヨタでどのように製品開発が行われているのかをまとめたドキュメンタリーである。

 ただ、これは私の歪んだ見方かもしれないが、これだけ多くの部署が関与していると、激しい対立は日常茶飯事であったと想像される。しかし、本書では主査と他部署との間で対立が生じても、「まぁ、一つやってみようや」という感じですんなりと話が進んでしまう。それがトヨタのよさであり強みなのかもしれないが、対立に関する細かい記憶がそぎ落とされている可能性も否定できない。この点は、著者が30年以上前の記憶をたどりながら書いていることに起因する限界なのだろう。

 また、個人的には、本書にはもっと別の内容を期待していた。それは、トヨタがどのように市場調査を行って潜在ニーズを抽出しているのか?それをどうやってQFD(品質機能展開)しているのか?機能と部品の紐づけはどのように行っているのか?原価目標と重量目標はどうやって設定しているのか?部品に加えて、製造プロセス設計と設備設計はどうしているのか?などといった、製品開発における王道的な内容である。本書はこの辺りがやや弱い印象を受けた。

谷藤友彦(やとうともひこ)プロフィール


 京都大学法学部卒業。大学時代には能楽サークル(金剛流)に所属(左写真)。金剛流は、能楽流派の中で唯一京都に拠点を置く。大学卒業後、株式会社SCSアビームシステムテクノロジー(現アビームコンサルティング株式会社)に入社。プログラマ、システムエンジニアとしてノンバンクの基幹業務システムの設計・開発プロジェクトに参画。

 2006年3月よりコンサルティング&教育研修事業のベンチャー企業にて、コンサルティング業務および研修開発に従事。エネルギー業、商社における新規事業、海外事業の戦略立案支援、製造業における業務改革(BPR)、情報通信業におけるコンサルティング営業育成制度策定・導入などに携わる。開発した研修は、ITコンサルタント育成研修、コンサルティング営業研修、部下マネジメント研修、経営知識研修など。同時に、自社のマーケティング業務も兼務し、人事担当者向けセミナーの企画、展示会への出展、新サービス開発なども行う。

 2011年7月に個人事務所「オフィス・エボルバー」を開業。2013年1月より屋号を「シャイン経営研究所」に変更。組織変革・人材育成に関するコンサルティングや各種研修サービスを提供中。2007年8月より中小企業診断士。一般社団法人東京都中小企業診断士協会・城北支部所属。Mr.Childrenと阪神タイガース大好き。水曜どうでしょう藩士。たまにROM専なんJ民。

<主な実績>
《定量的な実績》
 ※レビューしたSIerの営業担当者の提案書=延べ約400人分(前職時代を含む)。
 ※審査した中小企業の事業計画書=延べ約150社分。
 ※中小企業向け補助金事業の事務局で支援した中小企業=延べ約200社。
 ※12年間で書いたブログ記事=約2,000本、約400万字。


2017年
 【1.従事したコンサルティング・研修開発案件など】
 中小企業向け補助金事業 事務局担当
 海外企業信用調査支援(コンサルティング業)

 【2.講演・セミナー・研修】
 株式会社サイトビジット「資格スクエア」経営学検定(中級)、中小企業診断士(企業経営理論、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策)講師
 「BPR(Business Process Re-engineering)を活用した企業変革の手法」(中小企業診断士向け)
 「各国のビジネスリスクを踏まえた 成功する海外子会社の経営管理(「異文化コミュニケーション」、「ASEANビジネス環境概観」を担当)」(企業研究会)
 「成功する海外子会社の経営管理(「異文化コミュニケーション」、「ASEANビジネス環境概観」を担当)」(自動車部品会館)

2016年
 【1.従事したコンサルティング・研修開発案件など】
 中小企業向け補助金事業 事務局担当
 海外企業信用調査支援(コンサルティング業)
 ものづくり補助金申請支援(医療機器製造業)
 海外子会社(中国・インド)簡易監査(自動車部品製造業)
 簡易経営診断(道の駅、小売業・米穀協同組合、ショッピングセンター)
 中国子会社社員意識調査(自動車部品製造業)
 高齢者職域開拓モデル事業助成金申請支援(医療機器製造業)
 販売代理店販売員インセンティブ体系設計(医療機器製造業)
 社員意識調査(自動車部品製造業)

 【2.講演・セミナー・研修】
 株式会社サイトビジット「資格スクエアITパスポート試験情報セキュリティマネジメント試験経営学検定(初級)
 「補助金に関する基礎知識と運用の実際(ものづくり補助金を中心に)」(中小企業診断士向け)
 「補助金セミナー~補助金に関する基礎知識と運用の実際~」(印刷業向け)
 「海外拠点赴任予定者・海外事業管理者向け研修」(自動車部品製造業向け)

 【3.城北支部内での役職】
 城北支部執行委員、青年部長
 特定非営利活動法人NPOビジネスサポート監事

2015年
 【1.従事したコンサルティング・研修開発案件など】
 中小企業向け補助金事業 事務局担当
 企業総合診断(実務補習副指導員)(宝飾品製造・販売業)
 創業支援事業 事務局担当(自治体)
 認定支援機関向け海外展開支援研修開発
 海外企業信用調査支援(コンサルティング業)
 ASEANビジネス情報収集・分析(コンサルティング業)
 海外不動産価格調査(ビルメンテナンス業)

 【2.講演・セミナー・研修】
 「ものづくり補助金の仕組みと実態、独立診断士としての心構え」(中小企業診断士向け)
 「渋沢栄一 『論語』に学ぶ人物観察法」(中小企業診断士向け)
 「ASEANの魅力とリスク」(認定支援機関向け)
 「ものづくり補助金における中小企業診断士の役割」(弁理士向け)
 「独立診断士の一日」(中小企業診断士向け)

 【3.執筆】
 「青年部座談会―支部長との対談―」(『城北 2015新春 55周年記念誌号』)
 「城北支部・国際ビジネスセミナーを開催」(『T-SMECA』2015年2月号)
 「城北支部・新年賀詞交歓会を開催しました」(『T-SMECA』2015年3月号)
 高原彦二郎、谷藤友彦、茂木君之『中小企業のための海外進出リスクマネジメント』(りそな総合研究所、2015年3月)
 神谷俊彦、滝沢悟、茂木君之、谷藤友彦『図解でわかる品質管理 いちばん最初に読む本』(アニモ出版、2015年10月)

 【4.城北支部内での役職】
 城北支部執行委員、青年部副部長

2014年
 【1.従事したコンサルティング・研修開発案件など】
 中小企業向け補助金事業 事務局担当
 中小企業向け補助金事業 書面審査員・面接審査員
 創業補助金申請支援(サービス業)
 新ものづくり補助金申請支援(情報通信業)
 にぎわい補助金申請支援(商店街)
 独立中小企業診断士向けトレーニングプログラム運営
 女性起業家経営サポート事業 事務局担当(自治体)
 中小商業・サービス業経営実態調査 事務局担当(自治体)
 認定支援機関向け海外展開支援研修開発 

 【2.講演・セミナー・研修】
 「エニアグラムを活用した自己・他者分析」(中小企業診断士向け)
 「平成25年度補正『創業補助金(創業促進補助金)』について」(創業・起業希望者向け)
 「コンサルタントが知っておくべきパワーポイントのDos and Don'ts」(中小企業診断士向け)
 「スタートでつまずかないための人事・労務管理」(創業・起業希望者向け)

 【3.城北支部内での役職】
 城北支部執行委員、青年部副部長

2013年
 【1.従事したコンサルティング・研修開発案件など】
 コンサルティング営業研修の開発(情報通信業)
 営業人材の人事考課支援(情報通信業)
 独立中小企業診断士向けトレーニングプログラム企画・運営
 中小製造業経営実態調査 事務局担当・調査結果分析(自治体)
 商店街HPリニューアル支援(広域型商店街)
 ものづくり補助金申請支援(工作機械部品メーカー、ベビー用品メーカー)
 営業担当者向け提案営業研修開発(自動車販売業)
 新規事業フィージビリティスタディ(情報通信業)
 中小企業向け補助金事業 事務局担当
 商店街通行量調査(広域型商店街)
 中小企業向け補助金事業 書面審査員
 創業補助金申請支援(サービス業)
 営業部門向け社内資格制度導入支援(情報通信業)

 【2.講演・セミナー・研修】
 「エニアグラムを活用した自己・他者分析」(中小企業診断士向け)
 「創業補助金の活用方法」(創業・起業希望者向け)

 【3.執筆】
 共著『市場開拓、開発テーマ発掘のためのマーケティングの具体的手法と経験事例集~『隠れたニーズ』を見つけ出し、『売れる仕組み』を作るには~』(技術情報協会、2013年7月)

2011年~2012年
 【1.従事したコンサルティング・研修開発案件など】
 パートナー営業(代理店営業)担当者の人材要件・育成体系整備(情報通信業)
 営業人材の人事考課支援(情報通信業)
 コンサルティング営業研修の開発・運営(情報通信業)
 ビジネスモデル変革研修~上級編(情報通信業)
 通行量調査(広域型商店街)


<これまでの職歴詳細>
Ⅰ.株式会社アビームシステムエンジニアリング
 (システムエンジニア・2004年4月~2005年6月)
 アビームコンサルティング株式会社の100%子会社で、基幹システムの設計・開発・運用を行っていた会社(2007年4月にアビームと経営統合)。在籍中は、ノンバンク系の基幹システム再構築プロジェクトに従事。使用言語はPLSQL、Visual Basic6.0(古い・・・)。1年で4回のカットオーバー(1次、1.2次、1.5次、2次)という貴重な(?)経験をする。

(中小企業診断士の勉強をしていました)
 (2005年7月~2006年2月)
 アビームシステムエンジニアリングを退職した後、中小企業診断士の資格取得を目指して勉強。2005年12月に2次試験に合格。その後転職活動をしたので、8ヶ月ほどブランクあり。

Ⅱ.ベンチャー系コンサルティング会社
 (コンサルタント・2006年3月~2011年6月)
【1.従事したコンサルティングプロジェクト】
 業務改革(BPR)(製造業)
 新規事業戦略立案(エネルギー業、商社)
 販売チャネル強化(情報通信業)
 営業人材の育成・評価制度策定(情報通信業)
 営業人材の人事考課支援(情報通信業)

【2.開発した研修】
 ITコンサルタント育成研修
 コンサルティングプロジェクト疑似体験研修
 コンサルティング営業研修(★)
 提案書レビュー研修(管理職向け)(★)
 経営基礎知識(戦略、マーケティング、財務会計)研修
 ビジネスモデル変革研修(★)
 BSC(バランス・スコア・カード)研修(★)
 KPI(重要業績評価指標)マネジメント研修(★)
 部下マネジメント研修(★)
 プレゼンテーション研修
 ロジカルシンキング研修
 (研修に付随するサービスとして)アクションプランの進捗度合いをモニタリングするITツール
 (★はサブ講師として研修の運営にも参画)

【3.開発した診断】
 ビジネスパーソン自立度診断
 部下マネジメント力診断
 コンサルティングマインド診断
 ダイバーシティマネジメント推進度診断

【4.マーケティング業務】
 会社HPの企画・運用
 メールマガジンの編集・発行
 人事担当者向け自社セミナー企画・集客
 人事担当者向け展示会企画・運営

シャイン経営研究所(中小企業診断士・コンサルタント谷藤友彦)へのお問い合わせ


 ブログへのご意見、経営コンサルティング・セミナー・研修・執筆のご依頼などは下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。内容によっては回答までにお時間を頂戴する場合がございます。あらかじめご了承ください。送信ボタン押下後、入力内容の確認画面は出ず、直ちに情報が送信されます。送信前に内容を十分にご確認くださいますよう、お願い申し上げます。
お問い合わせ
お問い合わせ
プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京23区、神奈川県川崎市・横浜市を中心に活動する中小企業診断士・コンサルタント。

 専門領域は、(1)経営ビジョン・事業戦略の策定、(2)ビジョンや戦略とリンクした人材育成計画の立案・人事評価制度の構築、(3)人材育成計画に沿った教育研修プログラムの企画・開発。

 モットーは「日々改善、日々成長」、「実事求是」、「組織のためではなく知識のために働く」、「奇策は定石より先に立たず」、「一貫性(Consistency)」、「(無知の知ならぬ)無知の恥」

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

 現ブログ「free to write WHATEVER I like」からはこぼれ落ちてしまった、1,000字程度の短めの書評を中心としたブログ(※なお、本ブログはHUNTER×HUNTERとは一切関係ありません)。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~
所属組織など
◆個人事務所
 「シャイン経営研究所」◆ シャイン経営研究所ロゴ

(一社)東京都中小診断士協会一般社団法人東京都中小企業診断士協会
(城北支部執行委員、青年部長、および国際部員を務めています)

NPOビジネスサポート特定非営利活動法人NPOビジネスサポート
(監事を務めています)

企業内診断士フォーラム(KSF)企業内診断士フォーラム
(独立診断士の立場から、企業内診断士の活動を応援しています)

Experian海外企業信用調査 海外企業信用調査(Experian)
(一緒にお仕事をさせていただいている「コンサルビューション株式会社」は、世界最大の信用調査会社Experianの正規代理店です)

中小企業診断士の安い通信講座なら「資格スクエア」資格スクエア
(以下の資格の講師をしています。
 ―ITパスポート
 ―情報セキュリティマネジメント
 ―経営学検定(初級・中級)
 ―中小企業診断士(企業経営理論、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策)
 谷藤友彦と株式会社サイトビジット代表取締役・鬼頭政人氏の対談動画(1)(2)(3)
最新記事
  • ライブドアブログ