こぼれ落ちたピース

谷藤友彦(中小企業診断士・コンサルタント)のブログ別館。1,500字程度の読書記録の集まり。

渋沢栄一、竹内均『渋沢栄一「論語」の読み方』


渋沢栄一「論語」の読み方渋沢栄一「論語」の読み方
渋沢 栄一 竹内 均

三笠書房 2004-10

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 旧ブログの記事「論語が実学であることを身をもって証明した一冊-『渋沢栄一「論語」の読み方』」、「「個人的な怨讐」を超越した渋沢の精神力-『渋沢栄一「論語」の読み方』」で取り上げた本を約5年ぶりに読み返してみた。渋沢が自分と同時代を生きた人物について色々と評価を加えているところが興味深い。

渋沢栄一の人物評

 大隈重信は雄弁家に違いないけれども、その言ったことをすべて実行したわけではない。これに反して山形有朋は雄弁ではないが、心に思ったことは必ず実行する人だった。そして能弁で実行家といえるのは木戸孝允や伊藤博文だろう。
 明治維新後の岩倉具視などは、策略を用いたが、けっして口先だけの人ではなかった。知恵は深かったが、その知恵は公明で、すこしも私利私欲をともなわず、純粋無垢のものであった。三条実美を”情”において清かった人とすれば、岩倉は”知”において清かった人といえるであろう。
 西郷隆盛は、これまたなかなか達識の偉人で、「器ならざる」人に違いない。同じ「器ならず」でも、大久保とはよほど異なった点があった。ひとことにしていえば、たいへん親切な同情心の深い、一見して懐かしく思われる人であった。いつもいたって寡黙で、めったに談話をされなかった。外から見たところでは、はたして偉い人であるのか、鈍い人であるのか、ちょっとわからなかったぐらいである。
 渋沢は人の好き嫌いが少なく、嫌なことがあっても怒りを自制することができる徳の高い人物であったが、その渋沢をしてはっきりと「嫌い」と言わしめたのが大久保利通である。よほどそりが合わなかったのか、本書の中で酷評されている。
 大久保利通は私の嫌いな人で、私もひどく彼に嫌われたが、彼の日常を見るたびに、「器ならず」とは彼のような人をいうものであろうと、感嘆の情を禁じえなかったものである。たいていの人はいかに見識が卓抜であっても、その考え方はだいたい外から推測できるものである。ところが大久保は、正体がつかめず、何を胸底に隠しているのか、私のような不肖者ではとても測り知ることができない、まったく底の知れない人であった。だから彼に接すると何となく気味の悪いような心情を起こさないでもなかった。
 この文章は、「子曰く、君子は器ならず」(為政)という一文の解説部に書かれている。一般の人には、器にそれぞれの形や用途があるように、適材適所というものがある。ところが、君子のような非凡達識の人になると、万般にわたって底の知れないスケールを持っている、という意味だ。孔子の君子論を構成する非常に重要な箇所である。そこに大久保批判を持ってくる(しかも、悪い意味で「器がない」と評する)あたりに、渋沢の強い嫌悪感を感じ取ることができる。

永原賢造、村上義司『図解でわかる部門の仕事 品質保証部』


(図解でわかる部門の仕事) 改訂版 品質保証部(図解でわかる部門の仕事) 改訂版 品質保証部
永原 賢造 村上 義司

日本能率協会マネジメントセンター 2010-01-23

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 言葉の定義を整理しておく。

 【品質】
 JIS Q 9000:2006
 本来備わっている特性の集まりが、要求事項を満たす程度。
 (注記1)用語“品質”は悪い、良い、優れたなどの形容詞とともに使われることがある。
 (注記2)”本来備わっている”とは、“付与された”とは異なり、そのものが存在している限り、もっている特性を意味する。

 社団法人日本品質管理学会(JSQC)
 製品・サービス、プロセス、システム、経営、組織風土など、関心の対象となるものが明示された、暗黙の、又は潜在しているニーズを満たす程度。
 (注記1)ニーズには、顧客と社会の両方のニーズが含まれる。
 (注記2)品質/質の概念を図に表すと、次の通り(※リンク先PDF p6)となる。
 (注記3)プロセス、システム、経営、文化・風土については「質」を使う場合が多い。

 【マネジメント、運営管理、運用管理(management)】
 <JIS Q 9000:2006>
 組織を指揮し、管理するための調整された活動。
 (注記)用語“マネジメント”が人を指すことがある。すなわち、組織の指揮及び管理を行うための権限及び責任をもつ個人又はグループを意味することがある。“マネジメント”がこの意味で用いられる場合には、この項で定義された概念“マネジメント”との混乱を避けるために、常に何らかの修飾語を付けて用いるのがよい。例えば、“マネジメントは……すること。”は使ってはならないが、“トップマネジメントは……すること。”を使うことは許される。

 【品質マネジメント】
 <JIS Q 9000:2006>
 品質に関して組織を指揮し、管理するための調整された活動。
 (注記)品質に関する指揮及び管理には、通常、品質方針及び品質目標の設定、品質計画、品質管理、品質保証及び品質改善が含まれる。

 【品質管理】
 <JIS Q 9000:2006>
 品質要求事項を満たすことに焦点を合わせた品質マネジメントの一部。

 【品質管理/品質マネジメント】
 <社団法人日本品質管理学会(JSQC)>
 (※JSQCでは「品質管理」と「品質マネジメント」を同列に扱っている)
 顧客・社会のニーズを満たす、製品・サービスの品質/質を効果的かつ効率的に達成する活動。
 (注記1)品質保証を効果的かつ効率的に達成するための活動が品質管理である。
 (注記2)顧客・社会のニーズは、製品・サービスの機能、性能、安全性、信頼性、操作性、環境保全性、経済性などの多岐にわたる。
 (注記3)製品・サービスの品質/質では、使用者、見込み客、ターゲット市場、社会を考慮する。

 【品質保証】
 <JIS Q 9000:2006>
 品質要求事項が満たされるという確信を与えることに焦点を合わせた品質マネジメントの一部。

 <社団法人日本品質管理学会(JSQC)>
 顧客・社会のニーズを満たすことを確実にし、確認し、実証するために、組織が行う体系的活動。
 (注記1)“確実にする”は、顧客・社会のニーズを把握し、それに合った製品・サービスを企画・設計し、これを提供できるプロセスを確立する活動を指す。
 (注記2)“確認する”は、顧客・社会のニーズが満たされているかどうかを継続的に評価・把握し、満たされていない場合には迅速な応急対策及び/又は再発防止対策を取る活動を指す。
 (注記3)“実証する”は、どのようなニーズを満たすのかを顧客・社会との約束として明文化し、それが守られていることを証拠で示し、信頼感・安心感を与える活動を指す。

 難しいのが「品質管理」と「品質保証」の関係である。本書では、
 品質保証は”顧客・社会のニーズを満たすことを確実にし、確認し、実証するために組織が行う体系的な活動”であり、この目的を効果的かつ効率的に達成するための手段が品質管理である。
と述べられている。とはいえ、生産管理に長く携わった中小企業診断士の方に話を聞くと、世の中では品質管理と品質保証がかなり錯綜しているらしい。

 その方の見解では、品質管理とは、製品の品質を確保するために、作業の方法や手順を決定し、製品の品質検査を担当することである。他方、品質保証とは、顧客・社会など自社のステークホルダーに向けて製品の品質レベルを可視化して、一定水準を満たすことを保証し、場合によっては顧客などからの苦情・クレームに応対することであるという。この区別に従うと、品質管理とは内部的な活動であり、品質保証は外部的な活動であると言える。

 ただし、外部に向けて自社製品の品質を保証するためには、内部に向けて品質方針や品質目標を設定し、それらを実現するためのプロセスを整備し、経営資源を組織化し、製品の品質を検査する必要がある。簡単に言えば、品質を工程・プロセスで作り込まなければならない。結局のところ、対外的・対内的の両方にわたって、品質に関わる事項全体を統括するのが品質保証ということになる。

 品質保証の目的の実現に向けて品質管理を実施する必要があり、具体的な手法として、いわゆるQC7つ道具など、統計的な手法や様々なメソッドがある。品質管理の各種ツールは、品質保証活動の一環として、工場の現場はもちろんのこと、組織内のあらゆる部署・社員が自分の持ち場で実施しなければならない。

 つまり、品質保証は品質管理を包括する概念であり、品質管理は品質保証を実現する一手段に過ぎないという関係になる。そう考えれば、Wikipediaの「品質管理」にある、「理論的には、品質管理部というものは存在せず、存在するのは品質保証部である」という記述の意味が解るような気がする。

『人事部の掟/みずほ 万年3位脱出ミッション/旭化成 3代30年続いた“院政経営”からの卒業 その知られざる全貌(『週刊ダイヤモンド』2015年5月2・9日号)』


週刊ダイヤモンド 5/2・9合併号 [雑誌]週刊ダイヤモンド 5/2・9合併号 [雑誌]

ダイヤモンド社 2015-04-27

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 本号の特集は「人事部」。人事部は企業の暗部と言われているが、本号では様々な企業の制度が紹介されていて興味深かった。サイバーエージェントには「ミスマッチ制度」というものがある。半年に一度の査定時に、「成果」と「価値観」という2つの尺度で全社員を360度評価し、役員会で2度続けてミスマッチ認定を受けた人は異動を受け入れてもらうか、退職を選んでもらうという制度である。

 これまでに70人がミスマッチ認定を受けており、そのうち30人が退職し、30人が面談などによってスコアが改善し、残り10人は進行中のプロセスにあるという。サイバーエージェントの連結従業員数は3,168人(2015年5月1日時点)であるから、全体の約2%がミスマッチと判定されたことになる。

 サイバーエージェントのこの制度は、GEの「9Blocks」という制度を参考にしていると思われる(旧ブログの記事「GEの「9Blocks」というユニークな人事制度」、「「できるヤツでも組織の価値観に合わなければクビ」のGE流」を参照)。9Blocksでは、「業績」と「バリュー」という2軸をそれぞれ3段階に分けて3×3のマトリクスを作り、全社員をそれぞれの象限にプロットしていく。

 業績=上位&バリュー=上位が最も優秀な人材ということになるが、その割合は全体の5%程度らしい。逆に、業績=下位&バリュー=下位は、ミスマッチ人材と見なされて解雇の対象となる。その割合について本号では言及がなかったものの、最も優秀な人材が5%程度であることからして、その対極にあるミスマッチ人材も5%程度と推測される。サイバーエージェントでミスマッチと判定された社員の割合が2%程度であるから、GEの制度がいかに厳しいものであるかが解る。

 ただ、本号での一番の収穫は、GEがこの9Blocksを2016年末までに廃止する予定であるということだ。既に、本社のあるアメリカ、買収案件のあるイタリアとブラジルの3か所で先行して新しい人事制度への切り替えを進めている。従来通り成果主義の旗を降ろすことはないが、9ブロックのどのボックスに入るかどうかの話し合いは止めて、日常業務の中で上司と部下が対話することで一定の評価を定めていく方針らしい。GEが新たにどんな人事制度を構築するのか、要注目だ。
お問い合わせ
お問い合わせ
プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京23区、神奈川県川崎市・横浜市を中心に活動する中小企業診断士・コンサルタント。

 専門領域は、(1)経営ビジョン・事業戦略の策定、(2)ビジョンや戦略とリンクした人材育成計画の立案・人事評価制度の構築、(3)人材育成計画に沿った教育研修プログラムの企画・開発。

 モットーは「日々改善、日々成長」、「実事求是」、「組織のためではなく知識のために働く」、「奇策は定石より先に立たず」、「一貫性(Consistency)」、「(無知の知ならぬ)無知の恥」

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

 現ブログ「free to write WHATEVER I like」からはこぼれ落ちてしまった、1,500字程度の短めの書評を中心としたブログ(※なお、本ブログはHUNTER×HUNTERとは一切関係ありません)。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~
最新記事
  • ライブドアブログ