こぼれ落ちたピース

谷藤友彦(中小企業診断士・コンサルタント)のブログ別館。1,500字程度の読書記録の集まり。

2016年11月

井沢元彦、島田裕巳『天皇とは何か』


天皇とは何か (宝島社新書)天皇とは何か (宝島社新書)
井沢 元彦 島田 裕巳

宝島社 2013-02-09

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 『逆説の日本史』シリーズの著者・井沢元彦氏と、宗教学者・島田裕巳氏の対談本。井沢氏が邪馬台国や卑弥呼について興味深い仮説を提示していたので、それをまとめておく。もっとも、本人は「これを言ったら笑われる」、「こう言うと方々から怒られる」とわざわざ断っているので、取り扱い要注意の仮説である。

 ・弥生時代、大陸から九州へと移り住んだ弥生人は、先住していた縄文人を排し、鉄器を武器に支配勢力を東へと拡大していった。弥生時代には様々な「クニ」が興ったが、最も勢力を誇ったのが「邪馬台国」である。「邪馬台国」を「やまたいこく」と読むのは、江戸時代の読み方である。中国の古音で読むと「やまどこく」となる。よって、邪馬台国は、後のヤマト朝廷と同一ではないかと考えられる。

 ・「卑弥呼」は人名ではない可能性がある。というのも、王の名前が外部に知られると呪われるため、通常、王の名は軍事機密扱いとされるからだ。卑弥呼は「日の巫女」であると考えられる。そして、次の点が重要であるが、卑弥呼は天皇の祖先である。なお、井沢氏は、奈良県桜井市にある箸墓古墳を卑弥呼の墓と推測している(宮内庁は、「大市墓(おおいちのはか)」として、第7代孝霊天皇皇女の倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)の墓としている)。

 ・日本には約8万の神社があるが、その中で最も多いのは八幡宮である。しかし、八幡とはどの神のことなのか、古事記にも日本書紀にも記載がない。八幡社は元々、九州の宇佐八幡宮から始まっている。奈良時代、聖武天皇が東大寺に大仏を建立した際に、東大寺の守護神として寺の近くに手向山八幡が建てられ、宇佐の分霊として祀られた。その後、宇佐八幡は応神天皇と習合したため、宇佐八幡=応神天皇のイメージが定着した。

 聖武天皇の娘にあたる称徳天皇は、宇佐八幡宮から「道鏡が皇位に就くべし」との託宣を受けた。真相を確かめるために宇佐八幡宮に派遣された和気清麻呂によって宣託は否定されたのだが、ここでポイントとなるのは、神託を聞きに行ったのが宇佐八幡宮であるという事実である。誰を天皇にするかは、当時の朝廷にとって最も重要な事項である。もし、神託を聞きに行くのであれば、天照大御神を祀っている伊勢神宮に行くはずだ。それなのに、宇佐八幡宮に行ったということは、朝廷にとって宇佐八幡宮が特別な意味を持っていたことを表している。

 実際に宇佐八幡宮に行ってみると、中央に祀られているのは応神天皇ではなく、比売大神(ひめおおかみ)である。そして、比売大神とは卑弥呼であると考えられる。前述の通り、卑弥呼は天皇の祖先という最重要のポジションにある。よって、比売大神=卑弥呼の元に神託を聞きに行ったとしてもおかしくはない。

橋本毅彦『「ものづくり」の科学史―世界を変えた《標準革命》』


「ものづくり」の科学史 世界を変えた《標準革命》 (講談社学術文庫)「ものづくり」の科学史 世界を変えた《標準革命》 (講談社学術文庫)
橋本毅彦

講談社 2013-08-08

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 製品・部品に互換性を持たせたり、製品・部品の仕様を標準化したりすることは今では当たり前のように行われているが、その歴史は意外と浅いようだ。本書には、1999年末にニューヨーク・タイムズ紙が「この1000年の間に発明された道具の中で最も有用なもの」として、「ネジとネジ回し」を挙げたことが書かれている。ネジは世界中で標準化が進んだ最たる部品であるが、その標準化が真剣に検討されるようになったのは20世紀に入ってからにすぎない。

 ただ、ネジなどの基本部品の標準化を後押ししたのは、経済的な理由というよりも、皮肉なことに戦争であった。とりわけ20世紀の2つの世界大戦は各国の総力戦となり、武器や戦闘機などの製造に必要な部品を標準化し、大量生産する必要があった。また、戦場で武器や戦闘機などが故障した際に、速やかに部品を交換して再び使えるようにするというニーズにも応えなければならなかった。
 英国工学会や米国機械学会で決定したネジの規格は、全国的な専門組織によって決定されたものであるが、強制力がなく規格決定後も多数の他の仕様のネジが出回っていた。ネジのような基本部品の標準化が実質的に進展する契機となったのは、第1次世界大戦であった。そして第1次大戦を境に、米国では各種の標準化が強制的に進められていった。(中略)軍と戦争は標準化を進ませる大きな歴史的要因なのである。
 軍事技術から民生に転用されて世界中に普及した製品は数多いが、「標準化」もまた、戦争の産物なのである。アメリカはこうした動きに最も積極的であった。それを見て我々は、「アメリカは戦争を利用してイノベーションを起こしている」と批判したくなる。しかし、アメリカだけが責められるべき対象ではない。日本もまたアメリカの片棒を担ぎ、戦争の恩恵を受けていることを本書は気づかせてくれる。そしてそれを知る時、私は何とも言えない気分になる。
 戦後日本の産業界にとって、朝鮮特需は増産により富をもたらしてくれるとともに、規格化された互換性部品に対する米国の進んだ加工・検査技術を日本にもたらした。景気の回復は、その後の本格的な技術導入を進める上での資金源となり、進んだ技術の導入は、後の日本製品の品質向上のための基礎となった。
 日本のコンテナ輸送を後押ししたもう1つの要因は、ベトナム戦争だった。(中略)ベトナムから米国への帰りのコンテナはほぼ空であった。そこで〔マルコム・〕マクリーン(※トラック運送業から海運業へと転身し、コンテナ輸送の標準化に貢献した人物)は帰路に日本に立ち寄らせることを考える。ちょうど日本でも輸出用にコンテナ船が就航しはじめた頃である。シーランド(※ベトナムのコンテナ輸送を手がけたアメリカ企業)のコンテナ船は、ベトナムから日本に立ち寄り、そこで日本の輸出製品―衣料品、ラジオ、ステレオなど―を米国西海岸まで輸送した。

千賀秀信『この1冊ですべてわかる 管理会計の基本』


この1冊ですべてわかる 管理会計の基本この1冊ですべてわかる 管理会計の基本
千賀 秀信

日本実業出版社 2011-06-30

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 固定費をかけるとは、手間をかけることです。固定費(手間)をかけない商売は、外部に支払う変動費は発生しても、手間をかけていないので顧客には何のメリットも感じさせることができません。だから、顧客からそれを見透かされて、変動費に上乗せする利益(これを付加価値と言う)を請求できないのです。
 固定費をかけると付加価値(粗利益)が生まれます。実際の商売では、販売費とか人件費のような固定費(手間)をかけることで、仕入原価に粗利益を乗せて販売できるのです。
 固定費にはそういう性質があったのかと勉強になった部分(今さら・・・)。

 私の前職の企業は教育研修と人事関連のコンサルティングを行っていたが、メインは教育研修事業であった。教育研修事業のコスト構造は極めてシンプルで、変動費としてはテキストの印刷代、外部に委託していた診断(アセスメント)の費用、外部講師を用いた場合の講師フィーが発生する程度であった。固定費は主に人件費と家賃である。基本的に、研修コンテンツの開発と講師を内部でまかなう方針であったため、人件費が非常に高くついた。

 ブログ本館の記事「【ベンチャー失敗の教訓(第21回)】何年経ってもまともな管理会計の仕組みが整わない」でも書いたが、それぞれの研修をいくらで何社の企業に販売すれば、どのくらいの売上高と利益を達成できるのか、社長をはじめ誰も計算していなかったと思う。本書に載っているコーヒー専門店の事例と同じくらい単純なコスト構造なのに、変動損益計算書のようなものを見たことがなかった。社長は毎年「今年は売上2億円を目指す」と念仏のように唱えているだけで、決算を締めてみたら実は損益分岐点売上高が2.3億円で、それに対して売上高が1.6億円ぐらいしかなく、赤字が7,000万円ということがざらにあった。

 ブログ本館の記事「【ベンチャー失敗の教訓(第24回)】行き当たりばったりでシナリオのないサービス開発」でも書いたように、前職の会社はサービス開発を乱発していたため、企業規模の割にやたらと研修の数が多かった。だが、それぞれの研修は、担当講師と担当営業がほとんど固定されていた。つまり、それぞれの講師と営業担当者が複数の研修を担当していた。よって、各研修の開発・営業・実施に要した講師と営業担当者の人件費をABC(活動基準原価計算)で算出すれば、誰がどのくらい足を引っ張っているのかが解るはずであった。

 ところが、前職の会社には日報も週報も存在しなかった。だから、それぞれの講師が各研修の開発や実施に何時間かけているのか把握できていなかったし、それぞれの営業担当者が各研修を販売するために何時間を商談や提案書作成に費やしているのかも不明であった。私にできたことと言えば、各研修の売上高の割合に応じて、講師と営業担当者の人件費を按分することぐらいであった。それですら、それまで私以外に誰も計算したことがなかった。

 社長は大手コンサルティングファームでそれなりの地位まで上り詰めた人であった。また、社内には同じコンサルティングファームで働いていたマネジャーが何人かいた。そういう人に経営をさせても、所詮はこの程度なのである。社長も自分の経営手腕には自信がなかったらしく、「社長らしく振る舞うにはどうすればよいか?」といった内容の怪しげな本まで買って勉強していた。しかし、本当に勉強すべきだったのは、本書のような本だったのではないかと思う(私も今頃本書を読んでいるようでは遅すぎるのだが・・・)。

山本七平『徳川家康(上)』


徳川家康(上) (ちくま文庫)徳川家康(上) (ちくま文庫)
山本七平

筑摩書房 2010-12-10

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 本書を読んで徳川家康に対するイメージが変わった点が2つある。家康は幼少の頃に今川義元の下に人質として取られ、苦労したと思っていた。ところが、戦国時代の人質はいわば外交カードであるから、そんなに人質をぞんざいに扱うことはない。家康はむしろ義元によって大事に扱われた方で、今川家の分国法である「今川仮名目録」や、そのベースとなった「貞永式目」を学んだのではないかと山本七平は指摘している。戦国時代は、国の外に出れば血なまぐさい戦闘があったが、国の内部は法と秩序によって整然と統治しなければ人心を掌握することができない。そういうルールの重要性を、家康は人質時代に学習した。

 信長、秀吉、家康の3人の性格を比較する有名な言葉として、「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」、「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」、「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」というものがある。家康の我慢強さを表した言葉であるが、本書によると、家康とて鳴かぬホトトギスを辛抱強く待ったとは言えなさそうだ。

 家康は自分より強い者に対しては平身低頭で従う一方、自分より弱い者は徹底的に攻撃した。家康も自分の弟をはじめ親族を何人も殺しているし、江戸幕府を開いた後に秀頼・淀君を執拗に追い詰め、ついに豊臣家を滅亡させた。だから、家康も「鳴かぬなら殺してしまえ」と思っていたのであり、これは何も信長に特有なのではなく、戦国時代とはそういう時代だったと考えるのが自然である。

 もう1つ、私の歴史知識が浅薄だったと思うのは、関ケ原の合戦は家康と石田三成の対決だと覚えていたことである。正しくは、家康と毛利輝元の戦いである。大坂城に秀頼という秀吉の後継者を抱え、江戸までを広く支配下に置いていた家康に対しては、当然のことながら快く思わない連中が出てくる。上杉景勝は前田利長と同盟を結んで家康を攻撃しようとした。ところが、利長は家康暗殺計画に関与したとして没落し、同盟の話は立ち消えとなった。そこで、景勝は西方の輝元と結んで、家康を東西から挟撃することを思い立った。

 実際に両者の同盟を具体化させていたのは、景勝の下にいた直江兼続と、輝元の下にいた安国寺恵瓊である。この2人の計画に三成が絡んで、密約が成立していた可能性を山本は指摘している。まず、景勝が家康を攻撃しようとしているという情報を流す。家康は五大老の合議で、景勝に対し、家康を攻撃する意図がないならば上洛せよと命じた。これに対して、兼続はそんな疑いをかけられるのは心外だという内容の文書を家康に送った。ここまでは計画通りである。もし家康がその手紙に反応すれば、大坂城にいる家康は、景勝を攻撃するために江戸の方に出てくる。大坂城が留守になった隙に輝元が秀頼を奪い、家康は秀頼に反した裏切り者であると宣言して、諸国大名を結集させるのが狙いであった。

 果たして輝元は秀頼を奪うことに成功した。ところが、秀頼を奪われた淀君は、家康を裏切り者とは見なさなかった。むしろ、三成らの陰謀にかかっているため、江戸にいる家康に対して、早く大坂に戻ってきてほしいというメッセージを送った。こうなれば、大義名分は輝元側ではなく家康側にある。上方に転進した家康と輝元が激突することになったのが関ヶ原の合戦である。

 だが、輝元は五大老の一員であり、景勝に上洛を勧めた張本人である。その輝元が家康と敵対しているというのはおかしな構図である。山本は、元就は権謀術数を駆使する稀代の戦略家であったと評価しているが、輝元については何を考えているのか解らない人物だとバッサリ斬っている。そこで、西軍を動かしていたのは三成ということになるわけだが、三成は官僚組織の中でうまく立ち回ることについては長けていたものの、戦闘となるとさっぱりであった。

 明治の初めに日本の士官学校に教官として来日したプロシアのメッケルは、関ヶ原の布陣図を見て即座に西軍の勝ちと断定したという。しかし、実際に勝ったのは東軍である。家康は西軍にスパイを送り、西軍が組織としての体をなしていないことを突き止めていた。東軍にはスパイからの情報が次々と上がってくるが、西軍にはそういう動きがほとんどなかった。山本は、関ヶ原の合戦は作戦の戦いではなく、政略の戦いであったと評している。

『チームの力(DHBR2016年12月号)』


ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー 2016年 12 月号 [雑誌] (チームの力 多様なメンバーの強さを引き出す)ダイヤモンドハーバードビジネスレビュー 2016年 12 月号 [雑誌] (チームの力 多様なメンバーの強さを引き出す)

ダイヤモンド社 2016-11-10

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 ザッポスは「ホラクラシー」という新しい自律型組織を導入している。ホラクラシーにおいては、意思決定の権限を個人ではなく”サークル”と呼ばれる流動的なチームと役割に持たせる。チームが自らを設計・統治し、チームメンバーは伝統的な階層型組織に比べてはるかに多くの役割を担うようになる。
 ホラクラシー型組織では、サークルの結成・変更・解散のルールを大まかに定めた随時更新文書が組織の”憲法”として承認される。このためサークルは単にみずからを管理するだけでなく、憲法が定めるガイドラインの枠内でみずからを設計・統治もする。憲法では、どのようにタスクを遂行すべきかは言及されない。サークルの結成と運営の方法、サークルの役割の見つけ方と割り当て方、別の役割との境界線の引き方、サークル間の相互干渉のやり方を大まかに示すだけだ。
(イーサン・バーンスタイン他「”自主管理”の正しい導入法 ホラクラシーの光と影」)
 伝統的な組織だと、それぞれの社員は守備範囲の広い役割を1つだけ担って働く。多くの場合、社員が個人で業務を交換したり役割の内容を変えていくのは簡単ではない。自主管理型組織の社員は、非常に具体的な複数の役割をポートフォリオとして担い(ザッポスの社員はいまや1人平均7.4の役割を担う)、組織と個人のニーズの移り変わりに合わせてポートフォリオを作成、修正していく(同上)。
 簡単に言ってしまえば、いずれのチームも各メンバーが様々な役割を果たし、経営をせよ、ということだろう。アメリカというのはどうも極端な国で、今年に入ってからDHBRのいくつかの論文で、「取締役のスペシャリスト化」を主張したものがあった。かと思うと、一方ではホラクラシーのようにメンバーに万能さを求める論文がある。この揺れ動きを、宗教的に説明すると次のようになるのではないか?

神・人間の完全性・不完全性

 ブログ本館の記事「飯田隆『クリプキ―ことばは意味をもてるか』―「まずは神と人間の完全性を想定し、そこから徐々に離れる」という思考法(1)(2)」などで上図を用いてきた。キリスト教など一神教文化圏においては、「唯一絶対の神が自分に似せて人間を創造した」と言われる。単純に考えれば神=人間となるから、右上の象限に該当するはずである。

 しかし、キリスト教の教えを見ていると、人間は元来、不完全な存在として創造されたようである。キリスト教では、一人一人は不完全で差異があるのだが、どの人間も神との直接的な関係において愛を享受することができる。個人は集合体を必要とするものの、決して集合体のために生きるのではない。やがて訪れる神の国の祝福には、万人が一様に参与することができるという平等性がある。

 こうした伝統的なキリスト教の教えは、アメリカの場合やや変形されているように思える。アメリカの場合、自分が生涯のうちにアメリカ社会、いや世界に対してどのような影響力を及ぼしたいのかという使命や自己実現に関する契約を神と締結する。アメリカは表向きは自由で平等な社会であるものの、実はそのような契約を神に対して提示できるのは限られた人にすぎない。また、その契約が本当に正しいかどうかを知っているのは神のみである。だから、アメリカではごく一部の人だけが成功して大きな富や名声を獲得する。こうした考え方には、建国当初の「マニフェスト・デスティニー」の精神が影響していることは想像に難くない。

 アメリカでは、神と正しい契約を結んだ者のみが神の前で平等である。それ以外の人間は、神と正しい契約を結んでいないため、正しい契約を結んだ者によって、その契約のために道具のように扱われることが正当化される。したがって、アメリカでは平等主義と差別が併存する。

 従来、神と正しい契約を結んでいたのは企業のトップのみであった。トップは神と通じているわけだから万能である。それに対して、トップに仕えるその他の取締役や社員は、神と正しい契約を結んでいない。だから、トップに道具のように使われても文句は言えない。彼らは自ら目標を設定することもできない。道具としての機能に徹するのみである。はさみは紙を切ることができれば十分であって、はさみが紙を何枚切るべきかははさみのあずかり知らぬところである(だから、ドラッカーがMBO(目標管理制度)によって、知識労働者が自ら目標を設定しPDCAサイクルを回すべきだと主張した時、アメリカでは驚きをもって迎え入れられた)。

 しかし、アメリカ社会が平等主義を掲げている以上、平等な人々がもっとたくさんいてしかるべきである。一般社員も従来の企業トップと同様に、神の下で平等になるためにはどうすればよいか?アメリカの答えは、一般社員も神と正しい契約を結び、企業トップと同じくあらゆる職務をこなし、その結果に責任を持つということであった。アメリカの場合はこれしか考えつかないのである。

日本社会の構造

 日本の場合、このような問題は生じない。上図については、ブログ本館の記事「山本七平『日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条』―日本組織の強みが弱みに転ずる時(1)(2)」をご参照いただきたい。日本人は、垂直・水平方向に細かく区切られた巨大なピラミッド構造の一部を占め、上下左右に移動しながら他者に貢献する。ピラミッドの頂上に立つ天皇(厳密に言えば、天皇の上には様々な神々の階層がある)によって日本社会の全体像は示されるものの、その全体像はおぼろげである(天皇自身も全体像を完璧に把握しているわけではない)。

 その全体像の中で自分がどんな位置を占めているのかを何となく理解しながら、今目の前にいる他者のために価値を提供する。これは、ピラミッド構造のどの位置にいても同じである。言い換えれば、「分際」を守ることが日本人の徳である。だから、アメリカとは異なり、日本人に万能さを要求することがない。
お問い合わせ
お問い合わせ
プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京23区、神奈川県川崎市・横浜市を中心に活動する中小企業診断士・コンサルタント。

 専門領域は、(1)経営ビジョン・事業戦略の策定、(2)ビジョンや戦略とリンクした人材育成計画の立案・人事評価制度の構築、(3)人材育成計画に沿った教育研修プログラムの企画・開発。

 モットーは「日々改善、日々成長」、「実事求是」、「組織のためではなく知識のために働く」、「奇策は定石より先に立たず」、「一貫性(Consistency)」、「(無知の知ならぬ)無知の恥」

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

 現ブログ「free to write WHATEVER I like」からはこぼれ落ちてしまった、1,000字程度の短めの書評を中心としたブログ(※なお、本ブログはHUNTER×HUNTERとは一切関係ありません)。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~
所属組織など
◆個人事務所
 「シャイン経営研究所」◆ シャイン経営研究所ロゴ

(一社)東京都中小診断士協会一般社団法人東京都中小企業診断士協会
(城北支部執行委員、青年部長、および国際部員を務めています)

NPOビジネスサポート特定非営利活動法人NPOビジネスサポート
(監事を務めています)

企業内診断士フォーラム(KSF)企業内診断士フォーラム
(独立診断士の立場から、企業内診断士の活動を応援しています)

Experian海外企業信用調査 海外企業信用調査(Experian)
(一緒にお仕事をさせていただいている「コンサルビューション株式会社」は、世界最大の信用調査会社Experianの正規代理店です)

【中小企業診断士は独学で取れる】中小企業診断士に独学で合格するなら「資格スクエア」中小企業診断士の安い通信講座なら「資格スクエア」
(以下の資格の講師をしています。
 ―ITパスポート
 ―情報セキュリティマネジメント
 ―経営学検定(初級・中級)
 ―中小企業診断士(企業経営理論、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策)
 谷藤友彦と株式会社サイトビジット代表取締役・鬼頭政人氏の対談動画(1)(2)(3)
  • ライブドアブログ