こぼれ落ちたピース

谷藤友彦(中小企業診断士・コンサルタント)のブログ別館。1,500字程度の読書記録の集まり。

2016年12月

加藤尚武『現代倫理学入門』


現代倫理学入門 (講談社学術文庫)現代倫理学入門 (講談社学術文庫)
加藤 尚武

講談社 1997-02-07

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 《参考記事》
 (メモ書き)人間の根源的な価値観に関する整理―『異文化トレーニング』(1)(2)(旧ブログ)
 人間の根源的な価値観とマネジメントの関係をまとめてみた―『異文化トレーニング』(旧ブログ)
 年明けということで、改めて自分の価値観を棚卸ししてみた(旧ブログ)
 私の仕事を支える10の価値観(これだけは譲れないというルール)(1)(2)(3)(ブログ本館)
 エリン・メイヤー『異文化理解力―相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養』

 私は上記の記事でしばしば「価値観」について取り上げてきた。価値観とは、重要な意思決定の場面において判断の基準となる規範であり、「これだけはどうしても譲れないというルール」である。このルールが個人だけでなく、集団や社会全体に共有されると、それは「倫理」となるだろう。倫理学は、倫理とは何なのかを問うと同時に、なぜそれが倫理と言えるのかを突き詰める学問でもある。

 私が上記の記事で挙げたいくつかの価値観は、私の経験から導かれたものである。つまり、「ア・ポステオリ(認識論上、経験的事実に基づいて定められる概念または原則。後天的)」な原則である。ア・ポステオリな原則は、あくまでもその人本人(もしくはその組織の一部の人間)の固有の経験に基づくものであるため、他の人や組織の他のメンバーとすぐさま共有できるとは限らない。他者をその原則に従わせるためには、あの手この手で説明を加える必要がある。逆に、お互いが一歩も譲らずに価値観が対立することもある。

 倫理学では、「ア・プリオリ(経験によって得られたのでなく、かえって経験が成り立つ基礎になるような概念または原理。先天的)」な原則が成立するのかが問題となる。ア・プリオリな原則は、万人に適用される普遍的なものである。ア・プリオリな原則を数学のように厳格に定義しようとする立場を「厳密主義」と呼ぶ。
 近代の思想家には、「精神世界のニュートン力学」を築き上げたいという夢があった。そして善とか悪とか正義とかの問題に対しても、ユークリッドの幾何学のような厳密な証明をしてみたいと思っていた。この立場は「厳密主義」と呼ばれる。「倫理的な命題もまた厳密に証明できる」という立場である。
 厳密主義の代表としてカントを挙げることができる。カントは「定言命法」という形式を用いて、倫理をア・プリオリに証明しようとした。
 カントによれば、個々の格律について、この定言命法の形にはまるかどうかテストすれば、それが本当の道徳法則かどうかが分かるはずである。たとえば、「私が嘘をつかない」という格律を立てるとする。「あなたも嘘をつかない」、「誰も嘘をつかない」というようにして、「嘘をつかない」を普遍的な法則にしても矛盾が出ない。だから「嘘をつかない」は道徳法則である。(中略)カントは、普遍化できる=矛盾を含まない→道徳法則であるという筋道を考えていた。
 しかし、そのようなア・プリオリな原則が果たして本当に存在するのであろうか?ムーアは、「善は定義できない」とあっさり述べている。
 「善とは何か(What is good?)と訊かれたら、私の答えは善は善だ、それでおしまいだ(My answer is that good is good, and that is the end of the matter.)というものである。善は、どのように定義されるかと訊かれたならば、私の答えは、善は定義できない、これが善について私が言うべきすべてなのである」
 人間は自然状態のままでは自由や財産を守ることができないため、一定のルールを作って国家を建設することにした。ここで言う一定のルールが倫理に該当する。カントは、そのルールがア・プリオリかつ普遍的に定まると主張した。だから、「世界共和国」なる発想が出てくる。しかし、現実の世界では、世界共和国に向けて収斂するどころか、ますます国家の数(特に小国)が増えている。

 これらの新しい国家のルールは、そこに住む人々の伝統や歴史的背景に根差したア・ポステオリなものであろう。国家の数が増えているのは、「自分は他者と違っていたい」という欲求と、「自分は他者と違っていたいという欲求を誰かと共有したい」という矛盾する欲求を我々が持っていることに起因する。この2つの欲求を両立させようとすると、国家は細分化していく。だから、我々が倫理を語る時には、普遍化を目指すのではなく、相互主義の立場に立つべきだと思う。

岩田靖夫『ギリシア哲学入門』


ギリシア哲学入門 (ちくま新書)ギリシア哲学入門 (ちくま新書)
岩田 靖夫

筑摩書房 2011-04-07

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 (1)ソクラテス
 古代ギリシアの宗教は、日本と同じく多神教である。「万物の根源(アルケー)は水である」と主張したタレスは、「万物は神々に満ちている」とも言った。神は超人間的な力を持つ不死の存在であるが、人間とは全く異質の存在というわけでもなく、むしろ人間の本性でもある自然の力を表している。だから、ギリシアには天地万物の創造主は存在しない。神々も人間も、原初の混沌から生まれた生成物であり、それゆえに共通点を持っている。

 こうしたギリシアの伝統的な神の概念を、善の尺度で浄化しようとしたのがソクラテスである。ソクラテスは、「神々が互いに争ったり敵意を抱いたりするというような物語は神々にふさわしくない」などと言い、ギリシアの神々を理性によって整理しようと試みた。しかし一方で、ソクラテスの理性的な活動は、超理性的なもの(デルフォイの神託、オルフィズムの神話など)との格闘でもあった。この点で、理性一辺倒のソフィストとは大きく異なる。ソフィストは、ひたすら合理性のみを尺度にして、宗教、道徳、伝統、慣習、国制を批判し、その破壊的批判を制御する何の超理性的な制約も持たなかった。

 (2)プラトン
 プラトンにとって正義とは、「自分のことをなすこと」である。ここでプラトンは、分業という考え方を導入する。すなわち、一人で全てのことを行うよりも、分業した方が効率的というわけである。ここに、役割分担された国家(ポリス)が誕生する。国家の構成員は、自らがなすべきことに集中することで正義を実現する。

 プラトンは、人々が生活するのに必要な物品を生産する労働者、国家を周囲の外敵から守る防衛者、国家を統治する支配者という3階級からなる国家を想定した。プラトンの国家観は表面的には階級社会であるが、本質的には能力社会である。つまり、労働者に向いている人は労働者に、防衛者に向いている人は防衛者に、支配者に向いている人は支配者になる。

 プラトンの問題点は、哲人王という考え方に現れている。プラトンは、支配者のみが理性に基づく政治を行うことができると主張し、そうした支配者を哲人王と呼んだ。逆に言えば、労働者や防衛者は理性を発揮することができない。それどころか、彼らからは理性が奪われなければならないとまでプラトンは言っている。実際には労働者や防衛者にも理性は存在する。ここにプラトンの限界がある。

 (3)アリストテレス
 アリストテレスは、人間は理性的な動物であると述べている。この点で、理性を支配者に限定したプラトンとは異なる。また、アリストテレスは、人々が等しく支配者であると同時に、被支配者になるとも述べた。支配者=被支配者は、1人よりも2人、2人よりも3人、・・・、n人よりも多数集まった方が、間違った判断を下す可能性が低くなる。これをアリストテレスは「エンドクサ(多くの人の合意)」と呼んだ。現代のデモクラシーにつながる考え方である。

 ところが、アリストテレスはプラトンと同じような誤りを犯してしまう。国家を機能させるには、全員が政治に関与するというわけにはいかない。誰かが農業や商業に携わる必要がある。しかし、農業や商業に従事する人は、自分の仕事で手一杯であり、政治的活動に参加する余裕がない。よって、せっかく理性を持っているにもかかわらず、それを発揮する機会を奪われる。最初にたまたま農業や商業に従事したというただそれだけの理由で、理性への道を断たれてしまう。結局のところ、現実の国家で理性を発揮し、自由で平等なのは、最初から政治に関わった一部の市民のみである。その他の人は、理性を持て余す結果となる。

塩野和夫、今井尚生編『神(ゴッド)と近代日本―キリスト教の受容と変容』


神(ゴッド)と近代日本―キリスト教の受容と変容神(ゴッド)と近代日本―キリスト教の受容と変容
塩野 和夫

九州大学出版会 2005-03

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 日本は海外から様々な技術、制度、文化、風習などを輸入し、自由自在に接合することに長けている、いやそうすることでしか生き長らえることができない国である。私はこれを小国なりの「ちゃんぽん戦略」と呼んでいる。こういう自由度の源泉がどこにあるのかというと、私は「天皇」という存在だと思うのだが、この点についてはまだ十分にロジックを積み上げることができていない。

 本書の副題は「キリスト教の受容と変容」となっているから、近代日本においてキリスト教はどのように摂取され、従来の神道、仏教、儒教にどんな影響を与えたのか、逆に神道、仏教、儒教からどんな影響を受けて日本流のキリスト教に変質したのかという内容を期待していたのだが、やや期待外れであった。

 明治時代になると、日本は西洋国家に倣って国民国家(nation-state)を急造する必要に迫られた。国民の精神を統合する中心として選ばれたのが神道であった。ところが、国家が神道を国民に強要すると、政教分離の原則(これも西洋から輸入された)に反してしまう。そこで、明治政府が考えたのは、「神道は宗教ではない」という、一見すると珍妙な論理であった。

 神道は宗教ではないから、天皇が神の子孫として現人神化し、祭祀をつかさどる存在であっても問題ない。非宗教化された神道の下で、仏教やキリスト教などの信仰の自由(これも西洋から輸入された)を許容するという形式をとった。一見相反する「政教分離」と「祭政一致」を両立させるという、日本流の「二項混合」である(ブログ本館の記事「島薗進『国家神道と日本人』―「祭政一致」と「政教分離」を両立させた国家神道」を参照)。

 こうして、キリスト教は仏教など他の宗教と併存することになったのだが、私が最も知りたかったのは、キリスト教が仏教など他の宗教に及ぼした影響、およびその逆の影響であった。古代において仏教が日本に輸入された時、最初は神道側と激しい軋轢を生んだものの、その後は社会に受け入れられ、「神仏習合」という日本が得意とする「二項混合」を実現した。古事記や日本書紀に書かれている神々は、実は仏であったとして、記紀の書き換えまで行われた。

 ところが、キリスト教に関しては、他の宗教との相互浸透性があったのかどうかよく解らない。本書には、「キリスト教と日本風土の接点―和と間の概念を中心として―」(宮平望)という論文が収められており、日本の「和」と「間」という概念が、実はキリスト教にも存在すると分析し、「三位一体論」は「三間一和論」であるという結論に至っている。しかし、それでも論文の著者は、日本では人と人との間(区別)が人と人との和(一致)によって過度に区別されているのに対し、西洋では人と人との間が人と人との和よりも優勢であるという違いを認めざるを得ない。

 もちろん、神道と仏教はともに多神教的な宗教である一方で、キリスト教は厳格な一神教であるから、神仏習合のような融合が容易には進まないという点は理解できる。しかし、日本が外来種のいいところどりを得意とするのであれば、キリスト教から何かを学んだはずである。それと同時に、神道や仏教などの側からキリスト教に対して変質を迫る場面もあったはずである。私が知りたいのはまさにこのことであり、本書に期待した内容もこの点であった。

 仮にキリスト教と他の宗教との相互影響が十分でないとすれば、日本人はキリスト教をそれほど有益だと見なさなかったということになる。それならば今度は、日本人はキリスト教のどの点をどういう理由で却下したのかを考察しなければならない。新井白石が「子はあくまでも親を天とすべきで、親を飛び越えて子が天と直結したら、その子は、『親と天』という二つの天につながるから、心の内に『二尊』ができる」と説いたこと以上の理由が必要である。

田口力『世界最高リーダーシップ育成機関が教える経営幹部 仕事の哲学』


世界最高リーダーシップ育成機関が教える経営幹部 仕事の哲学世界最高リーダーシップ育成機関が教える経営幹部 仕事の哲学
田口力

日本能率協会マネジメントセンター 2016-10-30

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 「あなたは組織能力をどのように定義しますか?言葉で定義するのではなく、組織能力を関数として考え、その値を導く変数が3つあるとしましょう。その場合、その3つの変数は何と何と何になりますか?」
 著者はGEのクロトンビルで経営幹部の育成に携わった方である。この質問は非常に面白いと感じた。私は普段何気なく「組織能力」という言葉を多用しているが、それを関数で表すとどうなるかということは考えたこともなかった。

 私の答えは、「組織能力=f(個々の知識, コミュニケーション, 意思決定メカニズム)」である。まず、組織能力の根源的なリソースは、個々の社員が持っている知識(技術、技能、ノウハウ、ナレッジ)であることは間違いない。ただ、個々の社員がバラバラに知識を保有しているだけでは”組織”能力にならない。社員同士の活発なコミュニケーションを通じて知識が共有され、相互の知識に触発されて新しい知識が創造されることが必要である。

 ただし、これでもまだ十分ではない。いくら現場で新しい知識がどんどん生まれても、それを組織の成果として活用する意思決定が行われなければ無意味である。また、組織が挙げるべき成果から逆算して、それぞれの社員がどのような知識を身につけるべきか、どの社員の知識を組み合わせれば望ましい成果が得られるかを決断することも必要である。このように考えてみて解ったのだが、私の解答は「組織IQ」という概念の影響を大いに受けている。

 著者の答えは、「組織能力=f(人, 文化, メカニズム)」である。組織として能力を発揮するためには、様々なメカニズム(制度)が必要である。しかし、メカニズムとして様々な制度が上手くできていても、それを十分に活かし切れていない企業がある。つまり、企業の仕組みや諸制度が形骸化している。それは、その企業の文化や社風を、新しい戦略に適合するように進化させていないからである。

 また、戦略などの仕組みも整い、企業文化を刷新する努力も重ねているのに、社員の気持ちがついて来ない、社員のモチベーションが上がらない企業もある。新しい戦略の下では、新たな知識やスキルが求められるのに、社員が自己変革をしたがらないという状況である。これらのことを踏まえると、組織能力を表す3つの変数は、「メカニズム」、「文化」、「人」ということになる。

 稲盛和夫氏は、成果を「能力×意欲×考え方」と定義している。これをアレンジして、「組織能力=f(個々の能力, 社員のモチベーション, 企業文化)」と表すこともできるだろう。第一に個々の能力が必要である点は、最初の私の解答と同じである。ただし、いくら能力が高くても、社員のモチベーションが低ければ組織能力にならない。これは著者の考えと共通する。社員の能力もモチベーションも高いのに、組織文化がマイナス思考や反社会的思考で凝り固まっている企業では、組織能力は破壊的な方向に発揮されるであろう。

丸山眞男『日本の思想』


日本の思想 (岩波新書)日本の思想 (岩波新書)
丸山 真男

岩波書店 1961-11-20

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 丸山眞男の『日本の思想』をもう一度読み返してみた(前回のレビュー記事は「丸山眞男『日本の思想』」を参照)。

 ブログ本館の記事「山本七平『日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条』―日本組織の強みが弱みに転ずる時(1)(2)」では、日本の多重階層社会を前提として、①垂直方向には上の階層に対する「下剋上」と下の階層に対する「下問」が、②水平方向には組織内におけるコラボレーション、同業他社や異業種との協業が必要であると書いた。だが、上下関係に基づく指揮命令系統に加えて、なぜこれらの動きが必要なのかはあまりきちんと書いていなかった。

 ①まず、下剋上に関しては、ある階層の人が、より上位の階層の視点に立って、物事を広い視点から考える訓練になる。こうした思考は、その人が将来的に出世して上位の階層に立った時に必ず役に立つ。一方の下問については、自分が上司だからという理由だけでは部下を思い通りに動かすことができないことを思い知る契機になる。部下のニーズを汲み取り、部下の目標達成を支援することが、部下からの信頼の獲得につながる。部下から信頼されることで、上司は指揮命令による権限の発揮を補強することができる。

 水平方向のコラボレーションについては、日本が多神教文化であることが関係している。欧米(特にアメリカ)の一神教においては、個人が信仰によって神と契約を結び、その契約を履行する。神は絶対であるから、契約もまた絶対である。その絶対的な契約を確実に履行することを「自己実現」と呼ぶ。ただし、全員が神との契約を結べるわけではないし、せっかく神と契約を結んだのに、本人の怠慢などによって契約が実現しないことがある。よって、自己実現に成功した者とそうでない者との間には大きな格差が生じる。

 一方の日本は多神教文化であり、それぞれの人や組織に異なる神が宿ると考える。しかもその神は、一神教の神とは異なり不完全である。だから、個人や組織がどんなに内省しても、神の姿を知ることができない。自分に宿る神の姿を知るために効果的な方法は、自分とは異なる神を宿しているであろう他者と交わることである。しばしば言われるように、異質との出会いは学習を促進する。

 だから、社員は自分の強みを知るために組織内を頻繁に異動するし、企業は自社のコア・コンピタンスを知るために同業他社や異業種と連携する。ただし、他者(他社)の神もまた不完全であるから、自分の神の姿を完全に知ることはできない。初めから不可能だと解っているにもかかわらず、それでも我々は学習を続けなければならない。これを我々は「道」と呼ぶ。日本中の人々や組織が「道」を追求する限り、アメリカのような大きな格差は生まれず、多様性が保たれる。

 以上は、私が考える日本社会の理想である。これに対して、現実は異なっていると丸山は指摘する。まず、水平方向のコラボレーションについては、組織がタコツボ化しているという現実がある。これは、日本の学問の輸入方法に原因の一端がある。丸山は、欧米の文化をササラ型、日本の文化をタコツボ型と呼ぶ。ササラ型の場合、哲学であれ宗教であれ、まずは根っことなる学問が存在し、そこから様々な学問が枝分かれした。科学の発展に伴って、それぞれの学問は専門化が進んだ。日本は、専門化が進んでからの学問を輸入したため、学問相互間の関係に無頓着であった。これがタコツボ化を生む遠因となっている。

 欧米のササラの根っこにあたるものは、戦前であれば天皇であっただろう。戦後はマス・コミュニケーションがその役割を果たすはずであった。ところが、マス・コミュニケーションは誰の利害も代表しない表面的な情報を流すことで、かえってディスコミュニケーションを生んでいると丸山は批判する。丸山は、タコツボ化を打破するために、組織内の言葉が組織外でどれだけ通用するか試すべきだと提案している。タコツボ化した組織の言葉は、当人が意識しないうちに、往々にしてその組織内でしか通用しない言葉になっているものである。

 垂直方向の下剋上と下問を理解するには、「である」と「する」という言葉の区別が有益である。丸山は、債権者「である」ことに胡坐をかいて、債務者に請求「する」という行為を怠ると、時効が成立して債権が消滅することを引き合いに出して、地位に安住することに警告を発している。社会を有効に機能せしめるためには、不断の「する」が決定的に重要となる。

 上司と部下の関係は、典型的な「である」の関係である。上司「である」から部下に命令することが許されるし、部下「である」から上司の命令を聞かなければならない。しかし、「である」だけの社会は硬直的であり、変化に対して過剰に反応するか、変化を受け入れられずに崩壊する。そこで、「する」という行為を取り入れなければならない。下剋上や下問は、上司や部下「である」ことから必然的に生じる行為ではない。本人が意識的に「する」必要がある。「である」に「する」を加えることで、組織を活性化することができると私は考える。
お問い合わせ
お問い合わせ
プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京23区、神奈川県川崎市・横浜市を中心に活動する中小企業診断士・コンサルタント。

 専門領域は、(1)経営ビジョン・事業戦略の策定、(2)ビジョンや戦略とリンクした人材育成計画の立案・人事評価制度の構築、(3)人材育成計画に沿った教育研修プログラムの企画・開発。

 モットーは「日々改善、日々成長」、「実事求是」、「組織のためではなく知識のために働く」、「奇策は定石より先に立たず」、「一貫性(Consistency)」、「(無知の知ならぬ)無知の恥」

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

 現ブログ「free to write WHATEVER I like」からはこぼれ落ちてしまった、1,000字程度の短めの書評を中心としたブログ(※なお、本ブログはHUNTER×HUNTERとは一切関係ありません)。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~
所属組織など
◆個人事務所
 「シャイン経営研究所」◆ シャイン経営研究所ロゴ

(一社)東京都中小診断士協会一般社団法人東京都中小企業診断士協会
(城北支部執行委員、青年部長、および国際部員を務めています)

NPOビジネスサポート特定非営利活動法人NPOビジネスサポート
(監事を務めています)

企業内診断士フォーラム(KSF)企業内診断士フォーラム
(独立診断士の立場から、企業内診断士の活動を応援しています)

Experian海外企業信用調査 海外企業信用調査(Experian)
(一緒にお仕事をさせていただいている「コンサルビューション株式会社」は、世界最大の信用調査会社Experianの正規代理店です)

【中小企業診断士は独学で取れる】中小企業診断士に独学で合格するなら「資格スクエア」中小企業診断士の安い通信講座なら「資格スクエア」
(以下の資格の講師をしています。
 ―ITパスポート
 ―情報セキュリティマネジメント
 ―経営学検定(初級・中級)
 ―中小企業診断士(企業経営理論、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策)
 谷藤友彦と株式会社サイトビジット代表取締役・鬼頭政人氏の対談動画(1)(2)(3)
  • ライブドアブログ