こぼれ落ちたピース

谷藤友彦(中小企業診断士・コンサルタント)のブログ別館。1,500字程度の読書記録の集まり。

キリスト教

塩野和夫、今井尚生編『神(ゴッド)と近代日本―キリスト教の受容と変容』


神(ゴッド)と近代日本―キリスト教の受容と変容神(ゴッド)と近代日本―キリスト教の受容と変容
塩野 和夫

九州大学出版会 2005-03

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 日本は海外から様々な技術、制度、文化、風習などを輸入し、自由自在に接合することに長けている、いやそうすることでしか生き長らえることができない国である。私はこれを小国なりの「ちゃんぽん戦略」と呼んでいる。こういう自由度の源泉がどこにあるのかというと、私は「天皇」という存在だと思うのだが、この点についてはまだ十分にロジックを積み上げることができていない。

 本書の副題は「キリスト教の受容と変容」となっているから、近代日本においてキリスト教はどのように摂取され、従来の神道、仏教、儒教にどんな影響を与えたのか、逆に神道、仏教、儒教からどんな影響を受けて日本流のキリスト教に変質したのかという内容を期待していたのだが、やや期待外れであった。

 明治時代になると、日本は西洋国家に倣って国民国家(nation-state)を急造する必要に迫られた。国民の精神を統合する中心として選ばれたのが神道であった。ところが、国家が神道を国民に強要すると、政教分離の原則(これも西洋から輸入された)に反してしまう。そこで、明治政府が考えたのは、「神道は宗教ではない」という、一見すると珍妙な論理であった。

 神道は宗教ではないから、天皇が神の子孫として現人神化し、祭祀をつかさどる存在であっても問題ない。非宗教化された神道の下で、仏教やキリスト教などの信仰の自由(これも西洋から輸入された)を許容するという形式をとった。一見相反する「政教分離」と「祭政一致」を両立させるという、日本流の「二項混合」である(ブログ本館の記事「島薗進『国家神道と日本人』―「祭政一致」と「政教分離」を両立させた国家神道」を参照)。

 こうして、キリスト教は仏教など他の宗教と併存することになったのだが、私が最も知りたかったのは、キリスト教が仏教など他の宗教に及ぼした影響、およびその逆の影響であった。古代において仏教が日本に輸入された時、最初は神道側と激しい軋轢を生んだものの、その後は社会に受け入れられ、「神仏習合」という日本が得意とする「二項混合」を実現した。古事記や日本書紀に書かれている神々は、実は仏であったとして、記紀の書き換えまで行われた。

 ところが、キリスト教に関しては、他の宗教との相互浸透性があったのかどうかよく解らない。本書には、「キリスト教と日本風土の接点―和と間の概念を中心として―」(宮平望)という論文が収められており、日本の「和」と「間」という概念が、実はキリスト教にも存在すると分析し、「三位一体論」は「三間一和論」であるという結論に至っている。しかし、それでも論文の著者は、日本では人と人との間(区別)が人と人との和(一致)によって過度に区別されているのに対し、西洋では人と人との間が人と人との和よりも優勢であるという違いを認めざるを得ない。

 もちろん、神道と仏教はともに多神教的な宗教である一方で、キリスト教は厳格な一神教であるから、神仏習合のような融合が容易には進まないという点は理解できる。しかし、日本が外来種のいいところどりを得意とするのであれば、キリスト教から何かを学んだはずである。それと同時に、神道や仏教などの側からキリスト教に対して変質を迫る場面もあったはずである。私が知りたいのはまさにこのことであり、本書に期待した内容もこの点であった。

 仮にキリスト教と他の宗教との相互影響が十分でないとすれば、日本人はキリスト教をそれほど有益だと見なさなかったということになる。それならば今度は、日本人はキリスト教のどの点をどういう理由で却下したのかを考察しなければならない。新井白石が「子はあくまでも親を天とすべきで、親を飛び越えて子が天と直結したら、その子は、『親と天』という二つの天につながるから、心の内に『二尊』ができる」と説いたこと以上の理由が必要である。

ノーマン・ソロモン『ユダヤ教 〈1冊でわかる〉シリーズ』


ユダヤ教 (〈1冊でわかる〉シリーズ)ユダヤ教 (〈1冊でわかる〉シリーズ)
ノーマン・ソロモン 山我 哲雄

岩波書店 2003-12-06

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 ブログ本館の記事「内田樹、中田考『一神教と国家』―こんなに違うキリスト教とイスラーム・ユダヤ教」で、キリスト教とユダヤ教・イスラームの違いについて簡単にまとめた。その内容を再度整理しておく。

 《キリスト教》
 ①個人に私有財産を認める(狩猟文化が影響しているか?)。キリスト教圏の国々と資本主義との親和性が高いのも納得である。
 ②財産を守るためのルール形成を目的として政治が発達する。個人が各々の財産に対して完全なる所有権を有しているので、政治には個人の意見が十分に反映されなければならない。したがって、完全なる民主主義が採用される。
 ③キリスト教徒にとって意味があるのは場所である。一言で言い換えれば、地縁主義である。同じ空間にいる人は同じ集団に属すると認識される。アメリカの国内にいれば誰もがアメリカ人として認められるのはその一例である。
 ④神と人間との距離が近い。神は人間の内面に容易に入り込んでくる。
 ⑤キリスト教徒にとっては、自分がどの教会に属するかが非常に重要である(③と関連しているかもしれない)。日頃A地区の教会に通う人が、出張などで訪れたB地区の教会で祈りを捧げることには意味を感じない。

 《ユダヤ教・イスラーム》
 ①財産は共有である(遊牧文化が影響しているか?)。現代でも、財産は国民の共有物と考えられている。ただし、統治者が強い権力を持つために、統治者がしばしば国家の財産を私物化してしまう。サウジアラビアは「サウド家のアラビア」、ヨルダンの正式名称アル=マムラカ・アル=ウルドゥニーヤ・アル=ハーシミーヤにあるハーシミーヤは「ハーシム家」の意味であり、一家が国家を所有するという意識が表れている。
 ②共有財産をどのように守るかという観点から政治が発達する。集団で議論はするものの、個人の利害が前面に出ることはない。むしろ、集団の利益のために個人は抑制される。したがって、抑制された民主主義と呼ぶのがふさわしい。
 ③遊牧民である彼らにとって、場所は意味を持たない。重要なのは血縁である(血縁主義)。アラブ社会では、今でもいとこ同士の結婚が見られる。
 ④神と人間との距離は絶望的なほどに遠い。神の意思を正しく人々に伝えるために、クルアーンやハディース(イスラームの場合)、タルムードやトーラー(ユダヤ教の場合)が発達した。
 ⑤ユダヤ教徒やムスリムにとって、礼拝をする場所はそれほど重要ではない。キリスト教の教会とは異なり、モスクは簡素な作りで単なる箱のようである。ムスリムは、出張や旅行の時でも、その地のモスクで祈りを捧げる。

 以下、本書の話。ルーベン・キメルマンは、3世紀に活躍した教父・オリゲネスとラビ・ヨハナンが旧約聖書の『雅歌』について書いた注釈を研究し、両者の間に一貫した違いがあることを発見した。

 《教父・オリゲネス(キリスト教)》
 ①神とイスラエル間の契約はモーセに媒介された。つまり、両者の関係は間接的であり、キリストの直接的な現臨とは対比されるべきである。神とイスラエルとの間には距離がある。
 ②旧約聖書は新約聖書によって「完成」ないしは「凌駕」される。
 ③キリストこそ中心的な人物であり、アブラハムに取って代わり、アダムの罪を逆転させる人物である。
 ④エルサレムとは1つの象徴であり、「天上の町」である。
 ⑤イスラエルの苦難は神による遺棄の証拠である。

 《ラビ・ヨハナン(ユダヤ教)》
 ①モーセは契約の交渉をしたにすぎず、イスラエルは契約を神から「その口のくちづけ」のように直接授かった。神とイスラエルの間の親密さを強調する。
 ②旧約聖書は「口伝のトーラー」、すなわち、ラビたちによる解釈の伝統によって「完成」される。
 ③アブラハムはあくまでその地位を保持する。トーラーは罪への解毒剤である。
 ④地上のエルサレムこそが天と地の結び目であり、やがて神の現臨が再び明示されるべき場所である。
 ⑤イスラエルの苦難は、赦しの意図を持った父による、愛を伴う懲らしめや訓練として受け入れる。

山我哲雄『キリスト教入門』


キリスト教入門 (岩波ジュニア新書)キリスト教入門 (岩波ジュニア新書)
山我 哲雄

岩波書店 2014-12-20

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 313年、ローマ帝国コンスタンティヌス帝のミラノ勅令によって公認されたキリスト教は、392年、テオドシス帝によって国教とされた。しかし、テオドシウス帝がローマ帝国を東西に分割して2人の子に分け与えた後、キリスト教は東西で異なる道筋をたどることになる。

 6世紀頃までに、地中海周辺世界では各地の大都市を中心に、キリスト教の活動の中心となる5つの有力な教会が生まれた。いわゆる五本山であり、ローマ、コンスタンティノープル、アンティオキア(シリア)、エルサレム(ユダヤ)、アレクサンドリア(エジプト)を指す。ローマ以外の4つは東ローマ帝国内にあった。

 ローマを中心とするカトリック教会では、皇帝より教皇の方が強い権力を持つ「教皇皇帝主義」が見られた。5世紀にゲルマン民族の大移動が起こり、西ローマ帝国が476年にオドアケルによって滅ぼされると、少数派のゲルマン民族が多数派のローマ系住民を支配するようになった。

 ところが、ゲルマン人は武力こそあったが文字も持たないほど文明的には遅れており、ローマ系住民の方が文明的にははるかに進んでいた。さらに、ゲルマン人は決して一枚岩ではなく、ゴート族、フランク族、ブルグンド族などいくつもの部族に分かれていた。こうした状況の中で、ゲルマン人は、自らの権力を正当化するためにローマ教皇の権威を利用したのである。以降、西ヨーロッパでは、ローマ教皇が「キングメーカー」の役割を演じることになる。

 カトリック教会は非常に中央集権的な組織となっており、教皇を唯一の頂点とし、バチカンにある教皇庁を中心とする単一の世界教会である。現在では世界が約2,700の司教区に分かれ、各教区は「司教(ビショップ)」と呼ばれる高位聖職者によって監督されている。西ヨーロッパでは、ローマ教皇が中心となって世界を治めてきたという自負があるのだろう。

 一方、東ローマ帝国(ビザンツ帝国)は、カトリック教会とは逆に、教皇より皇帝の方が強い権力を持つ「皇帝教皇主義」であった。ローマ帝国の政治体制を引き継ぐ東ローマ帝国では、キリスト教を公認したのは皇帝であり、皇帝の方が権力的には上であるという意識があったに違いない。

 ただし、興味深いことに、ローマのカトリック教会が教皇庁を中心に厳然たる階層組織を採用したのに対し、東方正教会においては、それぞれの教会に「総主教(パトリアルフ)」と呼ばれる最高位の聖職者がおり、相互に独立・対等の関係にあった。先ほど五本山のうち4つが東ローマ帝国内にあると書いたが、この4つも当然のことながら対等であった。

 布教によって東方正教が他の国に浸透し、その地で有力になると、カトリック教会のように母体の教会自体が単体のまま巨大なアメーバのように拡大していくのではなく、母教会から子教会が分かれ、新しい総主教が置かれて独立教会が生まれたり、大主教や府主教が置かれて自治が認められた。現在、総主教の地位が認められている正教会は世界で9つある。カトリック教会が中央集権的だとすれば、東方正教会は地方分権的であると言える。

 古代のローマ帝国は、異国の地を征服するとローマの属州に加え、一定の条件の下で自治権を認めていた。東方正教会の地方分権にはその名残があるのかもしれない。ただ、皇帝に強大な権力を持たせつつ、各地の教会は分権制とするあり方が、具体的にはどのように機能していたのか不思議なところである。

岩田靖夫『ヨーロッパ思想入門』


ヨーロッパ思想入門 (岩波ジュニア新書)ヨーロッパ思想入門 (岩波ジュニア新書)
岩田 靖夫

岩波書店 2003-07-19
売り上げランキング : 19017

Amazonで詳しく見る by G-Tools

律法の完全な遵守により正しい人間になろうと精進するとき、人はたえず人生のあらゆる局面で律法の定めを意識し、律法の細則を立て、自分の一挙手一投足がそれらの掟に外れていないかどうかを心配するようになる。そうなると、掟の遵守に囚われるあまり、人間性の自然な発露を失う危険に陥るのである。道徳的に非難の余地のない人間になろうとすると、イエスに否定されたあのパリサイ人のように、他人と自分とを比較して、自分の超人的な禁欲を誇り、他人を軽蔑する、非人間的な道徳主義者になるのである。
 イスラム国が日本人2人を人質に取るという事件が発生し、テロの手が非ヨーロッパ国にも及び始めている。イスラム国には、はるか昔、イエスがユダヤ人のパリサイ派を批判した言葉を突きつけてやりたい。イスラームは「コーラン」を絶対視し、イスラム国もコーランの厳密な適用を狙っている。コーランには「自分の敵を殺してよい」という規定があるらしい。だが、イスラム国はコーランをあまりに機械的に狭く解釈しすぎている。

 もちろん、律法主義であるからただちに非難されるべきであるとか、ヨーロッパが経験した啓蒙主義による世俗化をイスラーム世界が経ていないから、イスラームは前近代的である、などと言いたいわけではない。イスラームにとってコーランは合理的で立派な法である。そのコーランを厳格に順守することが非難されるのならば、西洋諸国が法治国家を掲げて法律の厳格な運用を行っていることも同じく批判されるべきだということになってしまう。

 重要なのは、宗教の目的に立ち返ることである。言い換えれば、何のためにコーランを守るのかをもう一度認識することである。キリスト教は、人間が愛によって幸福になることを目指した。いや、幸福は他の動物でも感じることができるから、人間は幸福以上のもの、すなわち社会的な善を目指すべきだという主張もある。これに対して、イスラームは一体何を目指すのであろうか?「アラーの他に神なし」という主張は解った。では、アラーの下で人間はどのような人生を実現し、どのような社会を構築するべきなのだろうか?

 そもそも、キリスト教もイスラームも(、そしてユダヤ教も、)同じ唯一絶対の神から派生した宗教である。それならば、自ずと似たような目的にたどり着くはずである。イスラム国だけが排外主義に走るならば、その行為を支える論理が破綻をきたしているに違いない。
お問い合わせ
お問い合わせ
プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京23区、神奈川県川崎市・横浜市を中心に活動する中小企業診断士・コンサルタント。

 専門領域は、(1)経営ビジョン・事業戦略の策定、(2)ビジョンや戦略とリンクした人材育成計画の立案・人事評価制度の構築、(3)人材育成計画に沿った教育研修プログラムの企画・開発。

 モットーは「日々改善、日々成長」、「実事求是」、「組織のためではなく知識のために働く」、「奇策は定石より先に立たず」、「一貫性(Consistency)」、「(無知の知ならぬ)無知の恥」

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

 現ブログ「free to write WHATEVER I like」からはこぼれ落ちてしまった、1,000字程度の短めの書評を中心としたブログ(※なお、本ブログはHUNTER×HUNTERとは一切関係ありません)。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~
所属組織など
◆個人事務所
 「シャイン経営研究所」◆ シャイン経営研究所ロゴ

(一社)東京都中小診断士協会一般社団法人東京都中小企業診断士協会
(城北支部執行委員、青年部長、および国際部員を務めています)

NPOビジネスサポート特定非営利活動法人NPOビジネスサポート
(監事を務めています)

企業内診断士フォーラム(KSF)企業内診断士フォーラム
(独立診断士の立場から、企業内診断士の活動を応援しています)

Experian海外企業信用調査 海外企業信用調査(Experian)
(一緒にお仕事をさせていただいている「コンサルビューション株式会社」は、世界最大の信用調査会社Experianの正規代理店です)

【中小企業診断士は独学で取れる】中小企業診断士に独学で合格するなら「資格スクエア」中小企業診断士の安い通信講座なら「資格スクエア」
(以下の資格の講師をしています。
 ―ITパスポート
 ―情報セキュリティマネジメント
 ―経営学検定(初級・中級)
 ―中小企業診断士(企業経営理論、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策)
 谷藤友彦と株式会社サイトビジット代表取締役・鬼頭政人氏の対談動画(1)(2)(3)
  • ライブドアブログ