こぼれ落ちたピース

谷藤友彦(中小企業診断士・コンサルタント・トレーナー)のブログ別館。2,000字程度の読書記録の集まり。

マインドフルネス

ティク・ナット・ハン『怒り―心の炎の静め方』―どんな相手とでも破綻した関係を修復できるというのは幻想


怒り(心の炎の静め方)怒り(心の炎の静め方)
ティク・ナット・ハン Tich Nhat Hanh

サンガ 2011-04-13

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 本書を読むのは2回目である。1回目の時は気づかなかったのだが、著者のティク・ナット・ハン氏は「マインドフルネス」の師である。マインドフルネスとは、端的に言えば、「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」である。マインドフルネスを実践すると、うつ病の症状の緩和、ストレスの低減、薬物依存の解消に効果があるとされている。その他の精神病患者に対する多くの治療効果も示し、心の健康に関する問題を鎮めるための予防的な方策にもなっている。

 企業間の競争が激しさを増す中で社員の仕事上のストレスが増大していることもあって、アメリカなどではマインドフルネスが広がりを見せている。例えばAppleの創業者スティーブ・ジョブズ氏、Salesforce.comのCEOマーク・ベニオフ氏といった経営者はマインドフルネスを実践している(いた)し、Google、Facebook、Yahooといった企業はオリジナルの研修を開発している。最近では、タイ北部のチェンライ郊外のタムルアン洞窟で、地元のサッカーチームの少年13人が大雨によって3週間も閉じ込められていたにもかかわらず、全員無事に救出されたのは、同行していたコーチがマインドフルネスを毎日少年たちに実践させ、心身を落ち着けていたことが大きいと言われている。

 先日の記事「稲盛和夫『考え方―人生・仕事の結果が変わる』―現世でひどい目に遭うのは過去の業が消えている証拠」でも書いたように、私は双極性障害Ⅱ型という精神疾患を患っている。前職のベンチャー企業に勤めていた頃に、仕事で極度のストレスにさらされたことが要因で、毎日何かしらの怒りを抱いていた。そのたびに物を投げつけたり、オフィスのドアを蹴飛ばしたりしていた(決して人に危害を加えたり、物を破壊したりはしなかったことだけはつけ加えておく)。夜寝ている時も、夢の中で怒っていることがあり、夢の中で自分が怒鳴っている声で夜中に目が覚めたことが何度もある。例えば、ホテルのフロントで現金を外貨に換金してもらおうとしたところ、6時間も待たされ、その間フロントのスタッフを怒鳴り続けるという夢を見て、その怒鳴り声で起きたことがある。

 治療を続けるうちにそのような症状は治まったものの、代わりに日常生活の些細なことでもイライラするようになった。カフェや電車で電話をする人、カフェや電車内で大声で話す人、電車内で音楽が音漏れしている人、電車内でスマホで写真を撮る人、電車内で足を組む人、飲食店で赤ん坊をちっとも泣き止ませようとしない親、飲食店でスマホ育児をする親、スーパーやコンビニでなかなか会計を済ませない客、歩道で横いっぱいに広がって歩く集団、駅でちんたらと歩く集団、エレベーターの出口で降りる人を通さずに出口をふさぐ人、風呂に入らずにきつい体臭を放つ人―こういう人に遭遇するだけで頭に血が上り、心拍数が上がる。普通の人でもイラっとするケースが含まれていると思うが、私は普通の人以上に怒りを覚えやすい。これはもう双極性障害の後遺症だと思って、治すのではなく上手く制御しなければならないと考えている。

 そのコントロール法をもう一度学び直そうと思って読み返したのが本書である。劣悪な環境で飼育された鶏の肉や卵を食べる時、我々は同時に怒りを消費しているという著者の指摘はなるほどと思った。雑誌やテレビも時として毒を含んでいるという。だから、我々は自然に育った牛、豚、鶏などを口にするべきである。怒りを含んだテレビや雑誌は回避するべきである。それでも怒りを感じる時には、呼吸を整えるとよい。怒りを感じると、我々の呼吸は短く浅くなる。そこで、意識的に深く息を吸い、吐き、呼吸を静める方法を知っておく必要がある。

 ここまでは私も納得することができた。最近は私も呼吸法を意識するようにしている。それでも怒りを抑えることが難しい場合は、自分からその状況を回避する(例えば、一時的にトイレや店外へ避難するなど)ように心がけている(もっとも、電車内だけは逃げ場がないため、未だに対処法に苦労している)。

 本書で引っかかったのは、どうしようもなく関係がこじれた2人の間で、一方がまずは「私は怒っています」と感情を表明し、「私は最善を尽くしています。私のため、そしてあなたのためにもこの怒りに対処しようとしています」と相手への信頼を示し、最後には「私を助けてください」と、自分に怒りを生じさせた相手に助けを求めれば、自ずと2人の間で対話が発生し、2人の関係が必ず修復に向かうと著者が主張していることである。簡単に言えば、「腹を割って話し合えば何でも解決できる」と言っているようなものである。これは、対話に絶対的な効力があるという言説を相手に無条件に受け入れさせようとしている点、そして対話を通じて何人も共通の見解に至ることができると信じている点で、私は人間の多様な意見や価値観をモノトーンに落とし込む全体主義的な発想だと感じてしまう。

 マインドフルネスを実践すれば、誰しもが宇宙の根底に存在する潜在意識に到達できるとされる。私はこれこそまさしく全体主義的だと思う。数年前に流行った「U理論」にも類似の傾向が見られる(ブログ本館の記事「オットー・シャーマー『U理論』―デイビッド・ボームの「内蔵秩序」を知らないとこの本の理解は難しい」を参照)。U理論の場合は極端で、他者との相互作用がなくとも宇宙の潜在意識にアクセスすることができ、1人の意識がそのまま全体の意識に等しくなるという。こうなると独裁と民主主義の区別がない全体主義と何ら変わりがない。

 その点、本書の著者の言うマインドフルネスは、他者との対話を必要としているから、全体主義としては幾分ましな部類に入るだろう。マインドフルネスは、禅宗にルーツがある。マインドフルネスがこんなに全体主義的になってしまったのは、鈴木大拙が海外に紹介した禅の内容に問題があったのではないかと私は考えている(ブログ本館の記事「鈴木大拙『禅』―禅と全体主義―アメリカがU理論・マインドフルネスで禅に惹かれる理由が何となく解った」を参照)。

 私は左派の全体主義者ではなく、右派の保守主義者なので、人間の考え方の多様性を認める。リベラリズムとは、本来右派の言葉である。ただし、私にとって正しいと思うことが、他者にとっても正しいとは限らない。私は私の価値体系に基づいて思想を形成しているのと同様に、他者は他者の価値体系に基づいて思想を形成している。その異なる思想を無理に統一しようとしてはならない。異なる思想が共存することを受容しなければならない。多少の喧嘩はするかもしれないが、いつまでも子どものように喧嘩を続けるのではなく、相手の存在を認めなければならない。相手の思想が受け入れがたいのであれば、相手のことを放置しておけばよい。仏教では縁切りが認められている。

 ただし、異なる思想を持つ人が自分の存在を脅かすとなれば話は別である。そのようなケースでは、誰でも怒りを覚える。その怒りを放置し、怒りのままに行動させると社会の混乱が予想される。よって、人々の怒りを抑制するために、攻撃者に対して社会的な制裁措置としての法が必要となる。

 日本の場合、多様な思想の共存を象徴するのが天皇である。天皇は、国民がどんな思想を持っていても、その思想が破壊的でない限り共存させる。これが、古来から日本人が大切にしてきた「和」の精神である。論語に「君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず」とある。小人(つまらない人)は、和を押し殺して人々の多様性を強制的に同化しようとする。だがこれは、これまで述べてきたように全体主義の発想である。これに対して君子(天皇)は、決して多様な思想を単一にせず、併存させて和を保つのである。

『人を育てる(『致知』2016年12月号)』


致知2016年12月号人を育てる 致知2016年12月号

致知出版社 2016-12


致知出版社HPで詳しく見る by G-Tools

 そこで行われているマインド・フルネスをひと言で説明すると、光よりも早く駆け巡る人間の頭の中の思考を止めることです。吸う息、吐く息だけに意識を集中しながら、一切の妄想から離れる訓練をするのです。
(鈴木秀子「人生を照らす言葉〔連載90〕」)
 現在、アメリカではマインドフルネスが流行しているようである。グーグル、フェイスブック、ゴールドマン・サックス、IBMなどがこれを取り入れているという。私の安直な考えだが、このマインドフルネスは、数年前にこれまたアメリカで流行した「U理論」とよく似ていると思う。U理論もマインドフルネスも、人間関係に起因する様々なしがらみやトラウマから離れ、精神を集中させることで、宇宙全体を覆う意識とつながることができるという考え方である。

 非常に雑駁な言い方をすれば、他者との関係は一旦脇に置いて、個人が宇宙という絶対と直接につながることを目指している。それでいながら、個人が宇宙とつながれば、他者ともつながることができ、そこから変革が自ずと発生するという。つまり、1は全体でありかつ絶対である。これを人々は全体主義と呼ぶのではないだろうか?全体主義においては、時間の流れは存在しない。現在という1点が全てであり正しい。引用文にも、「光よりも早く駆け巡る人間の頭の中の思考を止める」とあり、現在という1点が強調されている。

 《参考記事(ブログ本館)》
 オットー・シャーマー『U理論』―デイビッド・ボームの「内蔵秩序」を知らないとこの本の理解は難しい
 安岡正篤『活字活眼』―U理論では他者の存在がないがしろにされている気がする?

製品・サービスの4分類(修正)

製品・サービスの4分類(各象限の具体例)

 全体主義は言いすぎたかもしれないが、グーグル、フェイスブック、ゴールドマン・サックス、IBMなどがマインドフルネスを取り入れているのは、上図を眺めるとよく理解できる(図の説明については、ブログ本館の記事「森本あんり『反知性主義―アメリカが生んだ「熱病」の正体』―私のアメリカ企業戦略論は反知性主義で大体説明がついた、他」や、以前の記事「『プラットフォームの覇者は誰か(DHBR2016年10月号)』」などを参照)。

 私の理解では、グーグル、フェイスブック、ゴールドマン・サックスは左上の象限に位置する。IBMは右下の象限に位置するのだが、近年はAIに力を入れており、またプラットフォーム事業にも乗り出しているから、左上の象限に移動しつつあると言える。左上の象限はイノベーションの世界である。市場にはまだニーズが存在しないため、伝統的な市場調査は無力である。代わりに、リーダーが自分自身を最初の顧客に見立て、「私ならこういう製品・サービスがほしい。私がほしいということは、世界中の人々も同じくほしがるに違いない」と信じる。そして、そのイノベーションを全世界に普及(布教)させることを唯一絶対の神と契約する。

 リーダーがイノベーションに関して神と契約するプロセスは、マインドフルネスやU理論のプロセスと酷似している。いずれも、神や宇宙という絶対性に触れることで、世界中の人々とつながることができるという全体性を強調している。だから、グーグル、フェイスブック、ゴールドマン・サックス、IBMなどがマインドフルネスに注力している理由がよく解ると述べたわけである。

 ところで、マインドフルネスは日本の禅の影響を受けているという。私は禅について無知なので何とも言えないのだが、本来の禅とは、絶対性や全体性の獲得を目指すものだったのであろうか?確かに禅には、静謐な空間で、他者との交わりを断って厳しい修練を積むというイメージがある。しかし、その修行の目的は、他者の異質性を認め、顔の見える他者と血の通った交流をじわじわと広め、さらにその関係を深化させることにあるのではないだろうか?禅とマインドフルネスの相違点を整理することが、今後の私の課題である。

川上全龍、石川善樹『世界中のトップエリートが集う禅の教室』


世界中のトップエリートが集う禅の教室世界中のトップエリートが集う禅の教室
川上全龍 石川 善樹

KADOKAWA/角川書店 2016-03-31

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 今、西欧人の間で「マインドフルネス」という言葉が流行しているようだ。マインドフルネスとは、提唱者であるジョン・カバット・ジンによれば、「今ここでの経験に、評価や判断を加えることなく、能動的に注意を向けること」という意味である。そして、マインドフルネスを実践するための方法として、日本の禅に注目が集まっている。スティーブ・ジョブズも禅を行っていたのは有名な話だ。

 マインドフルネスの流行の根底には、従来の西欧型の価値観が限界を迎えているという認識がある。これまでの西欧世界は、勤労主義を重視し、自分を苦しめてでも努力することを美徳とした。プレッシャーに耐え、懸命に努力してこそ自己実現ができる。西欧人は、プラグマティズムに基づいて実利を追求する。役に立つことが全てであり、役に立たたないことを行うのは悪である。こうした考え方は、キリスト教、特にプロテスタントと親和性がある。しかし、リーマン・ショックはそうした無茶な生き方が破綻していることを示す出来事であった。

 本書は禅の効用を説いた一冊であるが、禅を実践すると自制心が身につくという。自制心の効果として、心理学の「マシュマロ実験」に触れている。
 社会的成功のためには自制心が重要であることを裏付ける根拠として、1960年代後半から始まった「マシュマロ実験」がある。主導者のウォルター・ミシェル教授は、人間の将来の成功は、IQではなくて、「4、5歳の子どもの目の前にマシュマロを負いいて、食べることを待つ子か待てない子かでおおよそ見当がつく」という。

 実験では、被験者である子どもの人生を継続して追う。被験者は現在40代中頃~50代。その人たちの収入や社会的地位などを比べると、マシュマロを食べるのを我慢できた、自制心が高かった子が、収入も地位も高かった。
 ただ、マシュマロ実験は1960年代後半に始まったものであり、40代中頃~50代となった被験者の中で、幼少期にマシュマロを我慢して現在高い地位に就いている人とは、従来の西欧的な価値観で評価されて昇進した人である。つまり、禅が本来目指す人間像とは離れているように感じる。

 西欧的な価値観を私なりに簡単に整理すると次のようになる。人生の目的は自己実現である。将来的に達成したい目標を明確に設定し、その目標を達成するための具体的な計画を逆算で立案する。一度計画ができ上がれば、その計画に沿って懸命に努力する。計画が思うように行かない時は、そのギャップの原因を徹底的に分析し、計画を修正する。晴れて目標が達成され、自己実現が現実のものとなった暁には、大きな富を手に入れることができる。後は、その富を使って悠々自適の生活を送る。これが西欧人の理想である。

 昔は自己実現までの期間が長かったが、時代が下るにつれて目標設定の期間は短くなっている。ただ、計画期間が短くなったからといって、目標達成時に手に入る富が少なくなったわけではない。むしろ、富はますます増大している。問題は、自己実現に成功する人の割合が極端に減っていること、その結果として富の偏在が見られることである。西欧人の生き方はただでさえ緊張感が強いのに、最近は成功確率が下がってさらに緊張の度合いが高まっているように思える。

 東洋の禅が目指すのは、これとは逆であろう。禅と聞くと厳しい修行を想像してしまうが、禅の本質はもっと別のところにある気がする。まず、人生の目的は自己実現ではなく、他者を活かすことである。他者を蹴落としてでも成功するのではなく、他者の助けとなることこそ善である。全ての人がお互いに他者を助け合えば、誰かは自分のことを助けてくれる。人間関係は持ちつ持たれつである。

 明確な目標や計画は不要である。おぼろげな方向性だけを設定すればよい。その代わり、毎日の生活=「今、ここ」を大切にする。禅の世界には「即今、当処、自己」という言葉があるそうだ。他者の助けになることを毎日行う。西欧人のように肩肘を張らなくてもよい。自分にできる範囲の中で、他者をサポートすれば十分である。目標も計画も曖昧なのだから、何が成功で何が失敗なのか、判断のしようがない。つまり、失敗を分析するという、あの苦痛な作業を経験しなくてもよい。何となく、昨日よりはちょっと優れた方法を試してみる。その程度の心構えでよい。だから、西欧人のように高いモチベーションを保つ必要もない。

 一言でまとめるならば、「緩やかな気持ちで他者のために生きる」ということである。西欧人の生き方に比べると、一気に肩の荷が下りた気分である。ただし、西欧人の自己実現にはリミットが設定されており、成功すれば残りの人生を自由に謳歌できるのに対し、禅的な生き方では、一生他者のために生きる必要がある。この点だけは多少頑張らなければならない。

 このように書くと、日本で一番禅的な生活を実践しているのは、タモリさんであるように思える。笑っていいともは、タモリさんが前面に出る番組ではなかった。前面に立つのは曜日ごとのレギュラーで、タモリさんはいつも後方から彼らを支えていた。笑っていいともでレギュラーになり、その後芸能界で出世したタレントは多い。タモリさんのスタンスは、最終回でも変わらなかった。出演NGと言われたタレントたちの共演を実現させたのは、タモリさんの包容力のおかげであろう。

 タモリさんは、笑っていいともが長寿番組となった秘訣を聞かれた時、「反省しないことだ」と語ったことがある。実際、毎日の放送が終了した後、スタッフや共演者と反省会をしたことは一度もないという。生放送は生き物であり、2度同じことが起きることはないのだから、反省してもそれを活かす機会がないというのがその理由であった。笑っていいともは、毎日「今、ここ」に集中した番組であった。

 タモリさんは「やる気のある者は去れ」とも言っている。笑っていいとものレギュラーには、ベテランのタレントもいれば、売り出し中のタレントもいた。ベテランは番組に慣れているので、自分でペース配分をし、他のタレントに気遣いができる。しかし、売り出し中のタレントは、自分をアピールしたいがために、実力以上に目立とうとする。やる気だけが高い人は、往々にして自己中心的になる。すると、出演者同士のもたれ合いで成立している笑っていいともは番組にならない。この点をタモリさんは危惧していたから、このような言葉を口にしたのかもしれない。
お問い合わせ
お問い合わせ
プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京都城北エリア(板橋・練馬・荒川・台東・北)を中心に活動する中小企業診断士(経営コンサルタント、研修・セミナー講師)。これまでの主な実績はこちらを参照。

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

 現ブログ「free to write WHATEVER I like」からはこぼれ落ちてしまった、2,000字程度の短めの書評を中心としたブログ(※なお、本ブログはHUNTER×HUNTERとは一切関係ありません)。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~
Facebookページ
シャイン経営研究所
 (私の個人事務所)
シャイン経営研究所ロゴ
人気ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ
FC2ブログランキング
ブログ王ランキング
BlogPeople
ブログのまど
被リンク無料
  • ライブドアブログ