こぼれ落ちたピース

谷藤友彦(中小企業診断士・コンサルタント・トレーナー)のブログ別館。2,000字程度の読書記録の集まり。

東日本大震災


『どう生きますか 逝きますか 死生学のススメ/LCC乱気流/ヘリコプターマネーの功罪(『週刊ダイヤモンド』2016年8月6日号)』


週刊ダイヤモンド 2016年 8/6 号 [雑誌] (どう生きますか 逝きますか 死生学のススメ)週刊ダイヤモンド 2016年 8/6 号 [雑誌] (どう生きますか 逝きますか 死生学のススメ)

ダイヤモンド社 2016-08-01

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 「死=無」という考え方は団塊世代に多い。戦争を経験した彼らの親世代が子どもに同じ教育をしてはいけないと考えたこと、また団塊世代を教えた世代の知識人の多くがマルクス主義に染まり、唯物論的な死生観が形成されていったという経緯があります。
(玄侑宗久「震災で古来の死生観が蘇った」)
 私の神学論なんてまだ支離滅裂で全くまとまっていないのだが、ブログ本館の記事「飯田隆『クリプキ―ことばは意味をもてるか』―「まずは神と人間の完全性を想定し、そこから徐々に離れる」という思考法(1)(2)」で書いたように、神と人間をともに完全で合理的な存在であると認めたところから、全体主義や共産主義が生じた。その発端は17世紀後半~18世紀の啓蒙主義に見出せる。

 もっとも、共産主義は無神論であるから、神と同時に論じるのは適切ではない。ただし、啓蒙主義によって「あちら側のメシアニズム」から「こちら側のメシアニズム」に移動した(ブログ本館の記事「『「坂の上の雲」ふたたび~日露戦争に勝利した魂を継ぐ(『正論』2016年2月号)』―自衛権を認める限り軍拡は止められないというパラドクス、他」)、すなわち、人間が神の性質を獲得したとすれば、神の存在を人間とは別個に考える必要はなくなる。

 神が無から有を生み出すことができるように、人間もまた無から生じて有となる。有の時間は絶対不変であり、「今、ここ」という現在に固定されている。共産主義には過去も未来もない。だから、社会主義の革命は、世界”同時”革命である必要がある。ところで、人間は神と同じでありながら、死ぬ。死ぬことで無に帰す。これは人間の完全性と矛盾するのではないかと思われるかもしれない。

 だが、絶対的な生を、前後から絶対的な無で挟むことで、生の絶対性をより際立たせることができる。つまり、生きている人間は現在のうちに絶対に社会主義革命を成し遂げなければならないと、生を強く規定するのである。山本七平の言葉を借りれば、「死の臨在による生者への絶対的支配」と呼ぶことができる(ブログ本館の記事「山本七平『一下級将校の見た帝国陸軍』―日本型組織の悪しき面が露呈した帝国陸軍」を参照)。さらに、絶対無となった人間は、再び無から有を生み出し、現在という時間軸の中に人間を送り込む。そして、世界同時革命の実現を目指すのである。この仕組みは、いわば革命の永久機関である。

 共産主義や全体主義が恐ろしいのは、その暴力性もさることながら、現在という時間が絶対であり、およそ歴史というものを持たない点である。つまり、社会が進歩するという発想がない。これは、我々、特に日本人には到底受け入れられない。ブログ本館の記事「『一生一事一貫(『致知』2016年2月号)』―日本人は垂直、水平、時間の3軸で他者とつながる、他」でも書いたが、日本人は、何となくこの世に生を受け、何となく死んでいく。我々は生の瞬間、死の瞬間を自覚することはできない。そして、絶対無も絶対有もない。そういう点では、共産主義的な生に比べると、いかにも軟弱であるかもしれない。

 しかし、何となく生まれた日本人は、ただ何となくこの世に生を受けたのではなく、先祖代々の魂を受け継いでいる。つまり、そこには歴史と伝統がある。そして、何となく死んだ後も、何となく意味を失うのではなく、魂だけは後世に引き継がれると信じる。すなわち、社会の永続的な発展を願う精神がある。

 冒頭の玄侑宗久氏によれば、東日本大震災は、従来のマルクス主義的な死生観に埋もれていた日本古来の死生観が再発見される契機になったという。
 行方不明者多数という稀有な事柄があり、被災者や遺族は生と死を深く見詰める中で「遺体が見つからないなら、あの人はきっとどこかで無事に生きている。たとえ肉体が滅んでも魂は不滅で祈りをささげれば帰ってくる」という、日本人古来の死生観がよみがえったのです。(同上)

『論客58人に聞く 初の憲法改正へ、これが焦点だ/北の非道と恫喝は決して許さない/福島第一原発事故から5年(『正論』2016年4月号)』


月刊正論 2016年 04月号 [雑誌]月刊正論 2016年 04月号 [雑誌]
正論編集部

日本工業新聞社 2016-03-01

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 本号の巻頭特集では、識者58人に対し、「何としても改正するか創設すべき条項などを1つだけ挙げるとすれば何か?」、「近く憲法改正をする場合どのような方法で進めるか(緊急事態条項創設だけ先行させる/緊急事態条項創設と同時に、他条項改正も図る/その他の方法で現行憲法体制を改める/今は改正反対、の4択)」を尋ねたアンケート結果が掲載されている。

 改正すべき条項としては9条(9条2項のみを改正するという意見を含む)が圧倒的に多かった。2つ目の質問は緊急事態条項ありきになっているが、緊急事態条項を導入しても、東日本大震災の時の民主党政権が機能不全に陥ったことを忘れてはならないという呉善花氏(拓殖大学教授)の指摘はもっともだと感じた。

 どの部分から憲法改正に着手するかは非常に難しい問題である。日本にとっては初めての経験であるから、言葉は悪いが”華々しく”やりたい。しかし、”華々しい”問題というのは往々にして世論を二分する性質があるから、結局憲法改正が進まないというジレンマがある。9条はまさにそういう条文である。

 私自身は、国民の意思を行政に反映させるため、「総理大臣が任命する国務大臣には、国会の同意を必要とする」という条文を創設するのがよいと考えている(ブログ本館の記事「舛添要一『憲法改正のオモテとウラ』―森元首相は「偉大なる真空」、他」を参照)。だが、こういう”地味な”案は国民受けしないだろう。

 9条に関連して、自衛権について個人的な頭の整理をしておく。周知の通り、自衛権は19世紀以来国際慣習法によって認められてきた国家の国際法上の権利であり、国連憲章第51条には「武力攻撃が発生した場合」に国連加盟国が「個別的又は集団的自衛の固有の権利」を有することが明文化された。相手国が武力で攻撃してきた場合に武力で応戦するのが自衛権である。ここで問題になるのが、先制攻撃と武力復仇(報復)の2つである。

 先制攻撃(先制的自衛権)とは、他国からの武力攻撃が発生していない段階で、既に自国に差し迫った危険が存在するとして、危険を予防するために自衛措置を行うことができるとされる国家の権利である。先制攻撃をめぐっては、国際法上認められるという立場と、違法であるという立場の両方が存在する。

 肯定派は、国連憲章第51条中の「固有の権利」という文言をより重視する。国連憲章制定以前から国際慣習法上認められてきた国家の「固有の権利」に基づく自衛権行使は、「武力攻撃が発生した場合」に限られたものではなかったとし、憲章第51条の「武力攻撃が発生した場合”には”」という文言も、「武力攻撃が発生した場合”に限って”」自衛権行使を認める趣旨ではないとする。

 否定派は、憲章第51条中の「武力攻撃が発生した場合」という文言をより重視し、「武力攻撃が発生」していない場合の自衛権行使否定する。こうした見解によると、確かに19世紀以来の国際慣習法においては、「武力攻撃が発生した場合」に限らず国家の重大な利益に対する侵害に対して自衛権行使は容認されてきたが、憲章第51条の「武力攻撃が発生した場合」という文言はそれまで国際慣習法上認められてきた自衛権行使を一部制限したものと解釈する。

 武力復仇(報復)とは、相手国の武力攻撃が止んだ後に、復讐・制裁の意図を持って武力攻撃することである。武力復仇に関しては、否定派の方が多いように思われる。京都大学名誉教授、公立鳥取環境大学名誉学長(初代学長)である加藤尚武氏は、HPで武力復仇は違法であると論じている

 本来、ある国が武力行使をした場合には、国際連合が国際の平和と安全に対する脅威を認定し、強制行動を決定することとなっている。自衛権は、その決定までの間に認められる権利である。戦後の国際社会は、このような形で武力行使の統制を図ってきた。ところが、冷戦時代に安全保障理事会が機能不全に陥り、国連の役割は限界を露呈した。武力復仇を認める立場は、それが自衛権と国連の行動の間に横たわる長い空白を埋めるものだと主張する。

 一部の論者は、「対抗措置」としての武力復仇の可能性を模索するようになった。具体的には、「国際違法行為の国家責任条文草案」において「対抗措置」に、武力復仇が含まれるかが議論されてきた。対抗措置とは、他国が何らかの国際違法行為を行った場合、その被害国は一定の条件の下、国際違法行為により反応することができるというものである。

 ISの暴挙に対してどう対処すべきか、私は何ら有効なアイデアを持っていない。和を重んじる日本人は、ISを国家として承認すれば、国家同士が停戦に向けた交渉を開始し、最終的には和平に至ることを期待するかもしれない。ISを国家として扱い、国際法の世界にISを組み込もうというわけである。ところが、ISを敵視するアメリカ、ロシア、フランスなどの大国は、そのようには考えない。彼らにとって敵は敵であり、徹底的に排除しなければならない。だから、空爆もするし、容疑者も殺害する。この点が、小国日本と大国の思考回路の違いであろう。
プロフィール
谷藤友彦(やとうともひこ)

谷藤友彦

 東京都城北エリア(板橋・練馬・荒川・台東・北)を中心に活動する中小企業診断士(経営コンサルタント、研修・セミナー講師)。これまでの主な実績はこちらを参照。

 好きなもの=Mr.Childrenサザンオールスターズoasis阪神タイガース水曜どうでしょう、数学(30歳を過ぎてから数学ⅢCをやり出した)。

 現ブログ「free to write WHATEVER I like」からはこぼれ落ちてしまった、2,000字程度の短めの書評を中心としたブログ(※なお、本ブログはHUNTER×HUNTERとは一切関係ありません)。

◆旧ブログ◆
マネジメント・フロンティア
~終わりなき旅~
シャイン経営研究所HP
シャイン経営研究所
 (私の個人事務所)

人気ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ
FC2ブログランキング
ブログ王ランキング
BlogPeople
ブログのまど
被リンク無料
  • ライブドアブログ